地球温暖化の根拠となった NOAA による平均気温上昇のデータは不正だ…という主張

はじめに


・NOAA は観測データに不正に手を加えていた…という主張を紹介する。

要旨(デタラメ)


・NOAA は下のグラフを示し、19世紀末から現在までに平均気温が 1.5度(華氏)上昇したと主張している。そしてこの温度上昇は人類の活動による影響だとも。。
20161229_fake1.gif


・だが、NOAA の上のグラフは下のような正当性に欠ける補正(その補正分がちょうど 1.5度)が加えられており、
20161229_fake2.gif


 その誤った補正を除去すれば、下の青線のグラフになる…これがタイトルの主張。なお、赤線が NOAA の主張。
20161229_fake3.gif


ソース:http://www.zerohedge.com/news/2016-12-28/100-us-warming-due-noaa-data-tampering

(2016-12-29)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR