Edgar Mitchell : 月着陸後の人生

はじめに


・月面に降り立った数少ない人間の一人、Edgar Mitchell のその後の人生を簡単に整理した文章を見かけたので紹介する。

抜粋(デタラメ)


・南アメリカのシャーマンやハイチのブードゥー教の聖職者に接触。
・「ゾクチェン(チベット密教)の夢見の技法」のアピールに尽力。
・スプーン曲げができるという子供の自宅を訪問。
・TV 番組で Uri Geller と対話。
・離婚後、プレイボーイ誌に掲載されたグラビア女優(プレイメイト)と再婚、後に離婚。

引用



But then there was Mitchell. After returning to Earth, he left NASA, grew a beard and divorced his wife. He founded the Institute of Noetic Sciences, which advocated exploring the universe by means of inquiry that lay outside of science and religion. He sought out South American shamans and Haitian Vodou priests, promoted the benefits of Tibetan Buddhist lucid dreaming, visited the homes of people who claimed their children could bend spoons with their minds. He went on Jack Paar’s talk show with the self-proclaimed psychic Uri Geller. Two more marriages, one of them to a former Playboy playmate, came and went.

ソース: http://www.educatinghumanity.com/2016/12/extraordinary-astronauts-ufo-disclosure.html


キーワード


Uri Geller
ゾクチェン(チベット密教)の夢見の技法
Haitian Vodou
シャーマン

(2016-12-26)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR