大統領選挙にロシアが干渉したという CIA/Obama の主張と Trump の反論

はじめに


・CIA/Obama/Hillary/マスメディア側の「Trump 大統領」誕生を阻止するための、新たな足掻きの一つが「大統領選挙にロシアが干渉した」という主張。

・その足掻きと、Trump の反論をざっと紹介する。

CIA の足掻き


THE CIA MOVES TO INVALIDATE U.S. PRESIDENTIAL ELECTIONS BY BLAMING RUSSIAN HACKING


マスメディア(MSNBC)の足掻き


"Hard-Core Clinton Fanatic" Manufactured "Viral Fake News" That MSNBC Used To Discredit Wikileaks



Trump の反論


・冒頭から。(Trump の目の周りが妙に白いのはなぜ?)
20161212_eye.jpg

・別記事で紹介する Trump の自家用ジェット機
20161212_trumps_jet1.jpg

・そのジェット機の中でもインタビューを継続している。
20161212_trumps_jet2.jpg

・おまけ:18:00 台湾総統との電話会談の件。

動画(26:12)


・Donald Trump Fox News Sunday FULL Interview 12/11/16


関連ソース: http://www.zerohedge.com/news/2016-12-11/trump-slams-ridiculous-russia-hacking-report-accuses-democrats-being-behind-it

コメント


・Hillary/Obama/マスメディア/CIA が死に物狂いになって、一連の足掻き(fake news のレッテル貼り, ロシアの干渉説、投票数の再評価要求、白人男性の反発説…などなど)を繰り返している様子は異様で、どう見ても尋常ではない。

・何が何でも阻止しなければならない…と必死に足掻くからには、それなりの裏がある筈。たとえば…。Hillary/Obama/マスメディア/CIA 陣営が結託して何か重大な秘密を隠しており、Trmp 政権になればそれが暴露される可能性を酷く恐れている…とかw  それが暴露されれば、彼らの社会的立場は実質的に死に至る…となれば必死の足掻きも納得できる。

・これらの一連の足掻きで連想するのは、Kubler-Ross による「5段階の死の受容モデル」(下)。

第1段階 「否認」
 患者は大きな衝撃を受け、自分が死ぬということはないはずだと否認する段階。「仮にそうだとしても、特効薬が発明されて自分は助かるのではないか」といった部分的否認の形をとる場合もある。

第2段階 「怒り」
 なぜ自分がこんな目に遭うのか、死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階。

第3段階 「取引」
 延命への取引である。「悪いところはすべて改めるので何とか命だけは助けてほしい」あるいは「もう数ヶ月生かしてくれればどんなことでもする」などと死なずにすむように取引を試みる。神(絶対的なもの)にすがろうとする状態。

第4段階 「抑うつ」
 取引が無駄と認識し、運命に対し無力さを感じ、失望し、ひどい抑うつに襲われなにもできなくなる段階。すべてに絶望を感じ、間歇的に「部分的悲嘆」のプロセスへと移行する。

第5段階 「受容」
 部分的悲嘆のプロセスと並行し、死を受容する最終段階へ入っていく。最終的に自分が死に行くことを受け入れるが、同時に一縷の希望も捨てきれない場合もある。受容段階の後半には、突然すべてを悟った解脱の境地が現れる。希望ともきっぱりと別れを告げ、安らかに死を受け入れる。

ソース:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E3%81%AC%E7%9E%AC%E9%96%93


・Hillary/Obama/マスメディア/CIA の足掻きを、この「5段階の死の受容モデル」に対比させると、下の 2つの段階が見事に当てはまっている。

第1段階 「否認」
第2段階 「怒り」


・そして第3段階の「取引」はまだ、ほとんどなされていない。ただ、マスメディアに洗脳されやすい若者や大学生らの間では 第4段階の「抑うつ」 が発生している模様。

・Hillary/Obama/マスメディア/CIA が Trump 大統領誕生を覆すような謀略を練っていることを予想する意見をあちこちで目にする。たぶん、その必死の謀略は練られているだろうが、成功しない筈。

・なぜ成功しないのか? その根拠の一つがイスラエルの存在。イスラエルは公言はしていないが Trump を強く支持している。そしてイスラエルの諜報機関は Hillary/Obama/CIA のスキャンダル・ネタを幾つも握っているから、必要になればそれをリークさせるだろう。

(2016-12-12)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR