ベテラン将校の歩き方は、一般人の歩き方とは違う?

はじめに


・偶然、タイトルのような疑問とその回答を見かけたので紹介する。

抜粋(デタラメ)


・回答。明確に違いがある。

・軍では訓練で「踵で歩く」ことを叩き込まれる。

・将校の場合は物を左手で持ち、右手は自由にしておく。敬礼をしたり、敬礼を返したりするために。

・走るときはつま先で。踵はほとんど地面に着かない。

・胸を張った姿勢で歩く。

引用



Do seasoned military officers walk differently to non military civilians?
I've been reading a lot of historical and fictional books on military battles/leaders/etc and one of the things I have noticed is that a lot of authors regularly say something along the lines of "he walked down the corridor in a way that only a military commander would walk"

What does this mean? is the formality of the armed forces ingrained into officers of the armed services?

Note that I (probably) specifically mean regarding posture rather than actual literal walk. How exactly would one recognize this posture?



Yes, there is a definite difference between how a military officer walks and a posture he takes. The primary reasons are :

Walk on the heels : Most military officers undergo heavy training in parade where the trainer ingrains in their mind that walk on your heels is the best way to walk. " Dig your heels" is a perennial rant from trainer . When this happens, the toe points up for the entire walk. They are conditioned to believe that this is the most graceful way to walk. Also the hands should alternate. This means that when the left leg is forward, the right hand should move forward. Also , when military officers walk normally they hold things in their left hand only. The right hand has to be kept free for saluting and returning the salute.The left hand , if holding any object is always stretched down and ideally should not let any thing pass between it and torso.

Run on Toes : A simlar conditionig of mind is done to let them always run on the toes. The heel seldom touches the ground while running.

These too strictly regimental way fo running and walking makes the military officers, especially the seasoned gait which not seen among civilians. The additional characteristic may be to have the shoulders which are always pulled backwards.
20161205_mil_walk.jpg


ソース:https://www.quora.com/Do-seasoned-military-officers-walk-differently-to-non-military-civilians



おまけ


・2000万回再生された驚異的な集団行進の動画。日本の体育大学?の実演らしい。

・2:00 あたりのシーンが驚異的。

動画(8:51)


Amazing Japanese Precision (posted by Sanitaryum | Clean Humor)


コメント


・将校は敬礼のためにいつも右手をあけておく…という話が興味深い。

・敬礼で思い出した。たしか山本七平だったと思うが、こんなことを述べていた。

  ・日本軍の場合、階級が上になればなるほど、敬礼の仕方が杜撰になる。
  ・師団長ともなれば、腕をぞんざいに上げ、緩んだ手が僅かに耳のあたりをかすめるだけ。

・山本七平は下級将校として南方戦線に駆り出され、戦場の地獄を体験した。その筆舌に尽くし難い体験を下の本で詳述している。

『一下級将校の見た帝国陸軍』
20161205_book_yama.jpg

『ある異常体験者の偏見』
20161205_book_yama2.jpg

『私の中の日本軍』
20161205_book_yama3.jpg

・山本七平の名前をイザヤ・ベンダサンとか、本多勝一との論争(「百人斬り競争」のアレ)でしか知らない人が意外と多いようだが、そういう人は上の本を読むことを勧める。本多勝一の本はやがて廃れ名前も忘れ去られるだろうが、山本七平の名前は末永く歴史に残る。

・とは言え、論争における山本七平の主張が全面的に正しい…とまでは私も思わない。

・山本七平の凄いところは、哲学・思想面でもそうだが、学会とは無縁のまま独力で社会学的に見ても壮大な業績を達成した…という点。日本の場合、専門家である社会学研究者はほとんどが凡庸で、クズ・レベルばかりが目立つが、彼らが束になっても専門外の素人である筈の山本七平に敵わない。(彼は素人なので細部については専門家からあれこれ突っ込まれるだろうが、根幹部分で成し遂げた業績は揺るがない)

(2016-12-05)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR