Linda Moulton Howe : グリーンランド上空で ET 間の戦争、米軍が片方に援助 (途中:その1)

はじめに(デタラメ)


・Linda Moulton Howe にタイトルの趣旨の記事が掲載されているので紹介する。ソース記事は 2部構成でそれぞれに証言者の音声インタビューが埋め込まれている。

・記事の内容はざっとこんな感じ。(ソース記事を読むのはダルいので証言音声を聞いただけ。なので聴き取りミスなどによる嘘が混じっている筈)

  ・Steve(50歳、男性)が Linda Moulton Howe に連絡してきた。
  ・Steve にインタビューし、その証言音声が 記事に up されている。
  ・Steve の父親(X)は軍人で、墜落した UFO の回収チームに所属していた。
  ・X がグリーンランドの米軍基地に勤務していた時、上空で ET 間の戦争があり、米軍が片方の味方をしていた。
  ・X は回収業務で、10種類以上の ET の遺体を扱った。
  ・Steve 本人とその母も UFO を目撃し、時間ロスを体験している。
  ・Steve が子供だった時、彼の部屋に ET(グレイ、カマキリタイプ)が出現。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……


抜粋(デタラメ)


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

John Smith had no one to tell about his shocking work assignments except his wife and two sons. The son, Steve, talking to me was born on October 17, 1966, nineteen years after Roswell. Steve says when he was about five years old in 1971, his father began to open up about Roswell, his assignments to pick up dead alien bodies and to participate in what Smith called “an alien war” behind-the-scenes in Greenland and the Aleutian Islands. According to Steve, the secret “alien war” occurred simultaneously with the Korean War that raged in public view from 1950 to 1953. But in Greenland, the United States Air Force at Thule Air Base was allegedly providing secret help to one side of the “alien war.”


Steveの部屋に出現したカマキリ型 ET



20161127_et.jpg

I asked Steve to go through web images of UFO/abduction-related praying mantis sketches
and pick out the one that was closest to the praying mantis being that came with small Greys
to interact with him as a young child. But Steve thought the praying mantis being
in his house had more than two arms. This illustration says c 2015 ken aines.

ソース


part1 : https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2482&category=Environment
part2 : https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2483&category=Environment

コメント


・Steve は嘘を語っていないとは思うが、ET どうしの戦争だの、墜落 UFO の回収業務だのといった父親の証言内容は事実ではないと考える。Steve (or 父親)は ET (or MK-ULTRA の類)によって偽の記憶を埋め込まれていたのだ…と仮定したほうがまだ納得しやすい。

・ET がアブダクティに偽の記憶を埋め込んだ…という事例は数多く報告されている。というか、よほど注意深く扱わないと偽の記憶を信じてしまう…というのが Budd Popkins や David Jacobs の見解。

(2016-11-27)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR