FC2ブログ

Stan Romanek :異星人から受信した数式 (+追加)

What's New :

・(2016-11-12 追加)Stan Romanek が ET から数式を受信した当時の具体的状況を語っていた。その音声証言を参考データの意味で追加しておく。




・これほどあからさまにインチキくさいアブダクション事例も珍しい…と言えるのが次に紹介する事件。どこがどんなふうにインチキ臭いのか、具体的に列挙するのもダルくなるレベル。

・メキシコの TV ジャーナリストにして UFO 研究家の Jaime Maussan (下の写真)がこの事件を盛大に TV で紹介している。Jaime Maussan はメキシコ版矢追純一ともいうべき存在で Billy Meier(ビリー・マイヤー)や George Adamski(アダムスキー)の主張を(何の保留もつけず、反対意見も紹介せず)そのまま TV で垂れ流している。
20130414_meki.jpg


・このアブダクション事例の主人公はデンバー在住の Stan Romanek (下の写真)で UFO 関連の著作や講演などで生計を立てている。
20130414_Romanekstan.jpg
 (写真:https://en.wikipedia.org/wiki/Stan_Romanek

・この記事の最後にあるのは Jaime Maussan が Stan Romanek の主張を紹介している動画。この動画自体にはほとんど価値はないが(実際、30分ほど見て嫌になって止めた)、ただ一点だけユニークな所がある。それは異星人から直接、彼の脳に送られてきたと称する数式が紹介されているシーン。

・その数式の一部を紹介すると…


  ・Drake の方程式を 100倍しているのが下。 Bob Lazar がエリア51 で発見した元素 115 がここでも登場…w
20130414_52799252.jpg

20130414_eq.jpg

20130414_Romanek_equations.jpg

20130414_eq_stan1 001

・素人を騙すために物理の本から適当に選んで書き写したんだなぁ…物理や数学にはまるで疎い私にも、そう思える。せめてテンソルてんこ盛りの重力方程式を写せよと…w。なのに物理専攻の名誉教授がこの数式を肯定的に評価しているという。

And that physicist who endorses them? Dr. Jack Kasher, professor emeritus of the University of Nebraska at Omaha (who was scheduled to speak Sunday afternoon about an abduction case he's investigating).

ソース: http://www.pitch.com/gyrobase/in-kansas-city-celebrity-ufo-filmer-stan-romanek-finds-an-audience-of-believers-and-one-reporter/Content?oid=2195638&showFullText=true



・この数式をチェックした人の記事が下。

The equations presented to me of one page have some issues. In general, these equations are commonly used in electrodynamics, wave equations and gravitational studies; however, without even going into detail of the equivalences of lines one, two and three, there are some problems with the basic forms of things;

1. When using the approximated expansion term on the sixth line for "k" with the Laplacian operator of the first line, first term, it is equal to zero after performing the spherical coord scalar laplacian operation, it is odd to show a long equation with the first term equal to zero. It is also strange to show the first 2 terms of line 6, it is trivial to show "k" is the square of the square root, why do it?

http://en.wikipedia.org/wiki/Laplacian

2. I assume the "k" here is the wavenumber, if not, and one uses "k" from the approximation, the unit are still incorrect. The fourth line is omega (I assume and not "double u"), the angular frequency, and if so, is not defined correctly. It should have dimensions equal to "2*pi/seconds"; however, the units are "2*pi/meters2" and are incorrect.

http://en.wikipedia.org/wiki/Angular_frequency

3. The seventh line is a modification for a "Gauss's law" variant involving the displacement field vector "D", in defining the total charge "Q". This equation helps to find the field due to free charges with a spherical field distribution (how it is shown with 4*pi*(assumed to be r^2).This equation is found in most E&M books, but the units are not correct. The "sigma2" should be "r2", where r is the radial distance, not the surface charge density sigma. Here "k" is used as the dielectric constant, or the relative permittivity given by "epsilon/epsilon_0".

http://en.wikipedia.org/wiki/Electric_displacement_field

Directly below it a copy of Stan Equation please feel free to check them yourselves:

ソース: http://ufomedia.blogspot.jp/2010/08/stan-romanek-equation-good-or-bad-math.html




・ほとんど見る価値の無い動画w


ソース:
http://www.abovetopsecret.com/forum/thread493742/pg1



コメント:

・Jaime Maussan は TV の UFO 番組で視聴者を釣り上げて視聴率を稼ぐのが商売だと割り切っているようだ。本物か捏造かを見分け、追求する…なんて事は彼には興味が無いようだ。視聴者を惹きつける演出技法の方が大事なのだろう。

(2013.04.14)





--- (以下、2016-11-12 追加分)---

・Stan Romanek が ET から数式を受信した当時の具体的状況を証言している動画(音声のみ)を見かけたので追加しておく。ほとんど可能性は無いが、いつかこの証言が役に立つかもしれないので記録しておく。

動画(6:20):
The Stan Romanek / Bob Lazar Connection .


(2016-11-12)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR