Daniel Dennett : 宗教は進化によって生じた見事な社会システムだ (途中:その1)

はじめに:

・哲学者の Daniel Dennett が宗教を(進化論の観点から)語っている講演を紹介する。この講演は Caltech(カリフォルニア工科大学)でなされたもの。



抜粋(デタラメ):

・8:00 宗教は見事に設計された社会システムだ。ただしそれは無目的なランダムな進化が自然選択で産みだしたものだ。

・9:00 仮に、火星人の心理学者が地球を観察したとすれば、宗教が人類の行動を支配してるのに驚くだろう。

・11:00 アリが草の先端に登っている写真(下)。なぜ、アリはそんな行動をとっているのだろうか? 

20161018_ant.jpg

  ・それはアリの脳に寄生した微生物がアリの行動を操っているため。アリを草に先端に誘導することで牛などに食われ、その微生物が繁殖することを促進させている。これも進化によるもの。

・14:40 神への surrender(屈服、降伏、明け渡し)が宗教的崇拝の核心だ。たとえそれが無意味であっても。

・17:20 Richard Dawkins のミーム仮説に肯定的に言及。

・19:30 聖書の文言もそのミームの一種で、全てのミームは脳という限られた資源を競い合っている。

・24:00 宗教は進化してきたという仮説。

・27:00 脳内でのミーム、例えば迷信的フレーズの生存競争が行われている。

・28:50 リスやネズミ、鳩、ツバメは人間の近くで野生のまま生存するという進化戦略をとってきた。人間の言語(話し言葉)も同じで、野生のまま(意図的な管理なしに)進化してきた。ただし、書き言葉は意図的な管理(=教育)が必要。

・30:00 フォークソングなどは意図せずとも脳の中で勝手に こだまする(生き延びる)が、微積分はそうではない。Caltech(カリフォルニア工科大学)では別かも知れぬが…w

・31:50 家畜化された動物は野生のソレに比べると脳が縮小している。

・35:00 ある本にあったアイデア。集団の規模が大きくなると意思決定が面倒になる。そこでコイン投げや占いなどで意思決定するようになったのでは?

・36:50 McClellan の仮説。シャーマンによる治療儀式は進化によって洗練してきた催眠誘導のテクニックだと。そして人間の催眠への感受性も共進化してきたのだと。

・48:00 聴衆へ挙手アンケートを求めている。E=MC^2 を信じている人はどれくらい? では、それを本当に理解している人はどれくらい?

・49:50 Fermilab(フェルミ研究所:下)には世界トップレベルの科学者が大勢いる。以前、Fermilab を訪れた時、そこの科学者たちに同じ挙手アンケートをとってみた。E=MC^2 を信じている人はどれくらい? それを本当に理解している人はどれくらい? すると意外なことに…

20161018_fermilab.jpg

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……


・50:50 98% のアメリカ人が神を信じている。だが、そのことは本当は何を意味しているのだろうか?

・51:50 見かけた看板の文句が…

20161018_good_without.jpg

・59:00 公演後の質疑応答。聴衆から、東洋の宗教(仏教、神道など)には神を信じないものがあるが…と。それらの宗教は宗教的だが、ここでいう宗教ではないかも、と。

・1:01:00 死後の生に対する信仰も同様。

・脳の中に人間の宗教的行動や観念を支配する特定の部位が存在するのでは、という説について。その説には否定的。チェスのプログラムを解析するのに、コンピュータの中を電圧計で測るようなものだ、と。



講演動画(1:04:56):
・Dr. Daniel Dennett - Breaking the Spell




コメント:

・Daniel Dennett の別の講演も過去記事で取り上げたことがある。

  Daniel Dennett : 思考の道具としての「直感ポンプ」を語る (2014-09-30)

・私は、Richard Dawkins のミーム仮説を真に受けるような学者は評価しない。ミーム仮説については下の過去記事で批判したことがある。

  John R. Searle(ジョン・R.サール)のミーム説批判 (2015-08-12)

(2016-10-18)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR