Jordan Maxwell : ET と対面して走馬灯体験が引き起こされた (途中:その2)

What's New :

・(2016-09-27 追加)体験者本人(Paul Tice)が、この事件を詳しく語っている Podcast を見かけたので追加しておく。



はじめに:

・臨死体験において、それまでの全人生を一瞬の間に超高速早送りモードで眺める現象(走馬灯体験)が頻繁に報告されている。

・過去記事で ET/UFO 現象と臨死体験の奇妙な関連性を示す事例を紹介してきた。たとえば UFO 内部で故人となった親戚、縁者を目撃したケースなど。

・ET/UFO 現象と臨死体験が密接に関係しあっていることを強く示唆する事例を Jordan Maxwell の証言動画から紹介する。下で紹介する事例は Jordan Maxwell 本人の体験ではなく、彼と一緒に UFO を間近で目撃した人物(Paul Tice)の体験で、Paul Tice は TV 番組で事件を証言しており、Jordan Maxwell の捏造話として片付けるのは無理がある。



抜粋(デタラメ):

・41:00 あたりから。1994年12月の事。UFO を3人で目撃した日の夜…

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……



インタビュー動画(1:59:18):
・The Incredible Jordan Maxwell ~ Project Avalon 2016 HD



動画(12:15):
・Jordan Maxwell Paul Tice Sees Alien Grey


(2016-06-17)






--- (以下、2016-09-27 追加分) ---

はじめに:

・体験者本人(Paul Tice)が、この事件を詳しく語っている Podcast が下。



抜粋(デタラメ):

・この事件のあった日時を Jordan Maxwell は 1987年12月だと語っていたが、Paul Tice は当時のイベント開催日から逆算して 1994年11月だと明言。Jordan Maxwell の記憶違いだったようだ。

・15:00 から。Jordan Maxwell と IB(or IV:女性)、そして Paul Tice の 3名が劇的な UFO 遭遇を体験したが、その時の体験を Paul Tice が詳しく語っている。

・24:00 から。3人で UFO と遭遇した当日の夜、3人は宿泊施設に泊まった。そして Paul Tice が部屋で ET (の顔)と遭遇したタイトルの事件を詳しく語っている。

・28:00 から。タイトルの件の核心部分の証言が始まる。

  ・天井付近にグレイ(の顔だけ)が出現。そのグレイに見つめられ、Paul Tice はこれまでの人生の「全て」を超高速で追体験したと。

  ・それはあたかも、数千ページにわたる Wikipedia の記事を超高速で読み取るような感じだったと。それは Paul Tice の意思とは全く関わりなく、グレイの意思によって強制的に彼の全人生を超高速で読み取られたように感じたと。

・翌朝、IB(or IV )は彼女の部屋に光の玉が出現し、移動するのを目撃したと。さらに彼女の寝ていた枕に血痕が残っていたと。



Podcast インタビュー動画(52:21):
・Jordan Maxwell's Incredible UFO Encounter At Area 51 Witnessed With Paul Tice


おまけ:

・36:40 (エリア 51 入り口にある)Black Mail Box の地点を訪れたらジェット戦闘機が…。さらに巨大 UFO が…。最後に不可視の轟音をたてるジェット機が真上を通過。

・49:30 1943年の UFO 事件。



コメント:

・この Paul Tice のグレイによって引き起こされた走馬灯体験の証言は(事実だとすれば)重大な意味をもつ。臨死体験で報告される走馬灯体験も、未知の存在の意思によって、意図的に引き起こされている可能性があることを示唆している。つまり、Karla Turner の下の過去記事の表現を借りれば、走馬灯体験とは「収穫物の品質検査、等級分類、スクリーニング」だ…という可能性。

---
・27:30 人類は彼らが利用する資源だ。いわば我々は農作物で彼らは収穫者だ。

・UFO: They Are Here (Part 2: Abducted)


--- Karla Turner 博士:人類は ET が搾取する資源だ (2016-09-24)

・仮にその可能性が当たっているとしたら…。走馬灯体験の中に、自分がかつて危害を加えた被害者の立場から追体験した…という(過去記事で紹介済みの)複数の証言の意味を評価し直す必要が生じる。これらの証言は従来はカルマに絡めた倫理的側面から捉えられてきた。だが、収穫者の立場に立つと、被害者の立場から追体験する事の、全く別の側面・意味が見えてくる。だが…。そんな事がはたしてありうるだろうか?

・11:20 あたりで話題になっている Area-51 入り口の白い郵便箱の動画が下。

動画(4:04):
・VIDEO of "AREA 51" and UFO activity around the White/ Black Mailbox in Rachel Nevada by Robert Swetz


(2016-09-27)

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言っていた。ところで騙されやすいカモのリストは高額で売れるが、そのリストを作るとしたら、どんな釣り餌を垂らせばカモが喰いつくだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR