Sarah : 臨死体験で複数の地獄と天国の世界を見てきた (途中:その2)

What's New :

・(2016-09-03 追加)続きを追加。



はじめに:

・Sarah という女性がバイクで移動中に車にはねられ、瀕死の重症を負った。担ぎ込まれた病院で手術を受け、回復に数ヶ月かかった。片腕を失った。脳にダメージを受けて子供時代の記憶を失い、本を読むこともできなくなっていた。

・彼女は病院で 3日間(or 5日間)、昏睡状態だった。その時に臨死体験を経験していた。その臨死体験の中で複数の地獄と複数の天国の世界を訪れたという。とても興味深い内容となっている。

・その体験を Sarah 本人が Art Bell の C2C で詳しく語っているので紹介する。



抜粋(デタラメ):

・18:30 から Sarah 本人によるタイトルの証言が始まる。

・10年前、27歳の時にバイクで移動中に車にはねられた。教会でボランティア作業をした帰り道のことだった。

・気づいたら、周囲は完全な暗黒だった。肉体の感覚はあった。感情は中立的な感じ。やがて遠くから物音が聞こえ微かな光が見えた。やがて炎に取り巻かれた大きな目の巨大な生物がやってきた。悪魔みたいだった。

・34:00 その悪魔が急速に彼女めがけて迫ってきた。彼女は覚悟して目を閉じた。悪魔の息が降りかかった。そしてそのまま彼女の体を通り抜けて行った。彼女を嘲笑しながら。その後、さらに 2体の色の違う悪魔が同様に出現して彼女を通り抜けて行った。

・35:30 雲のトンネルが出現。この時点で彼女の体は青い星になっていた。その状態が完全にノーマルだと感じていた。他の同様の光が遠くに 6体ほど見えた。トンネルの中にはたくさんの窓、部屋が見えた。最初のドアからは地獄の情景が見えた。

・40:48~41:25 聴取者から C2C に送られてきたという、ロシアの採掘現場の地底で録音された音声。

  ・Sarah はこの音声について、全くこのとおりだったと。

・42:07 この地獄に繋がるドアに近づいたら、吸い込まれた。そして地獄の上空に浮かんで下の情景を眺めていた。堪え難い拷問を受ける大勢の死者。この情景を見ることは必要だと感じていた。

・44:20 地獄のどこからでも先の開いたままのドアは見えていた。そして彼女は「もう、たくさんだ」と感じてドアを通ってトンネルに戻った。

・44:40 地獄の住人は責め苦を受ける必要があると感じており、それゆえにドアから逃げ出せないのだと彼女は思った。

・47:30 そして次の次のドアを通ると、別の地獄だった。そこは孤独地獄。ある意味、前の地獄より苦しい場所。Sarah にはその住人たちが見えていた。だが、その地獄の住人たちはお互いの存在を感知できず、孤独。

・51:50 次の部屋。天国のような美しい場所。Gilbert Wilson (Gilbert Brown Wilson ? )の絵画のよう。その世界に入ろうとしたら透明な樹脂のシートみたいなもので遮られ、中に入れなかった。そして声が聞こえた。この世界に入るための情報をあたなは持っていないと。それを聞いてとても、落胆した。何とか入ろうと試みたが無駄だった。

・54:30 諦めて、別のドアに向った。そこは永遠の歓喜と幸福に満ちた世界だった。入ると声が「great!」と歓迎した。やがてその世界に飽きて、出ることにした。そして帰るよと告げたら、また声が聞こえた「great!」と。

・58:00 やがてトンネルのお終い部分のドアにやってきた。そこは星や星雲が見える宇宙だった。小柄な存在がやってきて告げた。ここに入ると戻れくなると。

・59:40 しかたなく戻った。すると病院のベッドの上で全身に医療用のチューブが取り巻いていた。気がついたら 3日間が経過したいた(意識を失っていた)。

・それから 1月ほど喋れなかった。肺が傷ついて、呼吸器が取り付けられていたから。

・1:05:00 死は自我/自己を崩壊させない。

  ・28:25 片腕腕を失った。事故の後遺症で記憶喪失となり、さらに本を読めなくなった。そこで子供用の本で読み方を再学習しだした。


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……



Podcast(2:09:07):
・Art Bell Radio - Near Death Experience - Woman Back From HELL!


履歴:

(2016-08-29) 作成
(2016-09-03) 追加

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言っていた。ところで騙されやすいカモのリストは高額で売れるが、そのリストを作るとしたら、どんな釣り餌を垂らせばカモが喰いつくだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR