Aaron C. Donahue : 遠隔視の専門家が語る、ET/悪魔/天使/人類の運命

はじめに:

・Aaron C. Donahue は遠隔視の専門家。彼は遠隔視で宝くじを当て、働かずに生活できる身分となったと言う。

・その彼が C2C のインタビューで興味深い(というかショッキング)な発言をしているのでざっと記録しておく。

・"Coast to Coast AM from: February 15, 2004" とあるので、それがこのインタビューの放送日か。

・以下、キーワード羅列のメモ書きレベル(だが、面倒くさいのでこれで完結)。



抜粋(デタラメ):

・9:20 遠隔視で宝くじ(の当選番号を)を当てた。以後、働く必要がなくなり、引退した。

・10:00 第一に言えること。遠隔視で数字を読むのは非常に困難。最も困難だと言える。

・27:30 Lucifer が常に側にいた。

・28:00 ET が遺伝子を操作して霊長類から人類を作った。Lucifer は実在する ET だった。

・30:50 天使が人間どうしを対立させ、殺しあわせる目的で主要な宗教を造った。天使は人類の敵だが、人間の味方を装っている。

・32:30 人類は 300年後には絶滅する運命。

・33:40 2525年には人間はサイボーグとなってインターネットのマトリックスに人間の脳が接続されるだろう。その頃には近い将来の絶滅を察知して意識をコンピュータに移植しだす。

・35:10 第三の性別 sex が生まれる。遠隔視で青いドレスの女から 2つの話を聞いた。
  ・2025
  ・我々を殺せ。(永遠に存在することを求めて)マトリックスの中に飛び込むのはやめろ。

・43:50 惑星 X は存在しない。

・45:30 人類の絶命を回避するには…。ノアは宇宙船に乗ったのであり、方舟をつくったのではない。cattle mutilation と 200,000人の行方不明者。

・49:00 状況は人類には既に手に負えない。なので上位存在たる 72の悪魔にコンタクトするしかない。私は魔術師と共にそれを実行している。円陣を描いて魔術的な儀式を行ったら、悪魔が側に立った。Lucifer は 72 の音からなる Song だ(1:30:46)。そして神への gate だ。

・50:00 茶色のローブを着た存在(Lucifer と共同している)が幾つもの未来の出来事を告げた。

・51:50 Art Bell が彼執着しているテーマを取り上げた。死後に光に向かうべきかどうか。 Aaron Donahue の返事は光に向かうな。

・56:00 One World Order(世界統一政府)を熱烈に支持する。なぜなら、子供たちの未来を救うにはそれしか解決策はないから。我々の生きている時代にそれ(One World Order)は起きる。

・1:01:30 世界政府ができたとして、どうやって人口過剰の問題を解決するのか? と聞かれて衝撃の回答。IQ が 100以下の人間と障害者は不妊化手術を施す。この意味で優生学は正しかった。

・1:02:00 Hitler はヘロインなどのドラッグを使っていた。

・1:03:50 666 のチップを体内に埋め込むことを拒絶する人間には食料を与えない…これが世界政府が大衆を支配する方法。それを支持する。

・1:05:40 地上にやってきている ET は全て Lucifer かその同類。

・1:09:20 遠隔視で得た情報。人類の 100億人がしきい値となる。なぜなら 100億のニューロンが100億人。

・1:22:40 輪廻は存在しない。

・1:25:00 心臓移植した大勢の人々からインタビューで聞いた。性格などが移ると。細胞から情報が移るのだろう。

・1:26:00 (このままだと) 2304年に最期の人間。

・1:28:30 2009から2030年の間に核戦争などで大規模な人口激減が起きる。そして 2055年までに人類絶滅。



・Art Bell & A.Donahue - Luciferian Remote Viewing


(2016-08-29)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR