Hillary は脳障害の後遺症による「判断力の疲弊」に効果のある薬を調べていた

はじめに(デタラメ):

・Hillary が脳などに重大な問題を抱えている可能性がある…これについては下の過去記事で紹介してきた。

  メディアなどで著名な医師が Hillary の健康状態に重大な懸念を表明 (途中:その1)(2016-08-18)

  Hillary の脳に異常が起きている? (2016-08-09)


・さらに、今回ハッキングされた Hillary の E-mail の中に、脳障害の後遺症と思しき「判断力の疲弊」に効く薬を調べている…という趣旨の記述が見つかったという。

・Hillary のシークレット・サービスなどに対する不可解な対応(この件は有名)も、これで説明がつくと。つまり Hillary の性格が異常なまでに専横的であるがゆえの行動ではなくて、後遺症の影響だろうと。
---
The article also explains how “decision fatigue” could explain why “ordinarily sensible people get angry at colleagues,” which is possibly a nod to Clinton’s infamous temper tantrums that have left her staffers in tears.
---



抜粋:

---
Wikileaks E-Mails Show Hillary Looked Into Parkinson's Drug After Suffering From "Decision Fatigue"

...

Emails released by Wikileaks show that Hillary Clinton looked into a drug used to treat sleepiness and Parkinson’s disease after she apparently began suffering from “decision fatigue” back in 2011.

Clinton sent an email to close confidante and advisor Cheryl D. Mills on August 19, 2011 featuring the text of an article entitled Do You Suffer From Decision Fatigue?

The article talks about how people in positions of power and influence can suffer from “decision fatigue” that causes them to be “low on mental energy” and prompts the sufferer to “become reckless” and “act impulsively”.

20160825_email.jpg

---

ソース: http://www.zerohedge.com/news/2016-08-24/wikileaks-e-mails-show-hillary-looked-parkinsons-drug-after-suffering-decision-fatig



コメント:

・マスコミはこの情報を完全に無視する筈。これが Trump の脳の話だったら、マスコミは飛び付いて盛大なキャンペーンを張るのは間違いないw

(2016-08-25)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR