日本とアメリカの比較:人口ボーナス期から人口税期への遷移

抜粋:

・日本は 1997年に人口ボーナス期から人口税期に遷移。アメリカは 2010 年に遷移。

---
20160818_fig1.jpg

20160818_fig2.jpg


If we adjust for the demographic difference between the US and Japan, the Japanese economy has actually performed much better than the US. In other words, given the resources available, Japan has managed to eke out more real growth than the US. That is not to say Japan is growing on a healthy pace, only that they are able to grow faster (or fall less rapidly) than their potential workforce. The US economy have barely managed to keep up with is workforce; and the demographic tax facing the US from here on will only exacerbate the precarious situation.
--- http://www.zerohedge.com/news/2016-08-17/stupid-what-stupid-does-%E2%80%93-secular-stagnation-redux



コメント:

・上の図でピンクの領域が "demographic tax" でこれは「人口税」と訳されることがあるが、要するに高齢化の進行による社会の負担(マイナスの影響)のこと。淡青の領域が "demographic dividend/bonus" (人口ボーナス)でプラスの影響。

(2016-08-18)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR