民間の大手年金ファンドが支給額の 60%カットを提案、財務省はもっと削減を要求

はじめに:

・若干、古い記事(2016-05-20)だが、記録しておく。



抜粋(デタラメ):

・運送業者が加入している民間の大手年金ファンドが、FRB の低金利政策の煽りを受けて経営危機に陥っている。現状は年金積立収入 1ドルあたり、3.46ドルの支出があり毎年 20億ドルの赤字となっている。このままでは 2025年には破産する見込み。

・そこでこの年金ファンドは年金支給額を 60%カットすることを提案している。407,000人がこの影響を受ける。なお、財務省はカット幅が不十分だとして、さらなる削減を要求している。

ソース: https://mishtalk.com/2016/05/20/rejected-central-states-fund-proposes-60-pension-cuts-treasury-dept-says-not-enough-407000-affected/



コメント:

・つまり、引退した老人が FRB の低金利政策の犠牲者となると。

(2016-08-17)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR