Colm Kelleher(NIDS の科学者):Skinwalker Ranch で頻発した超常現象 (途中:その1)

はじめに:

・Colm Kelleher(下図の右上) は George Knapp (下図の右下)と共著で下の "Hunt for the Skinwaker" (下図の左)を出版した人物で、NIDS の科学者。

20160802_colm.jpg

 (画像ソース: https://www.youtube.com/watch?v=5q1UQIQ5kWA

・その彼がタイトルの件について Podcast インタビューで語っているので紹介する。

・以下、メモ書きレベル。



抜粋(デタラメ):

・この Skinwalker Ranch はあらゆる超常現象が展覧会のように起きていた場所。

・16:20 メカメカしい (nuts and bolts type)UFO が出現した。ある時は敷地の地上 60cm ほどを無音で飛行。車の真上にホバリングしたり。1950年代に頻繁に報告された UFO 事例と酷似していた。

・18:40 1995年2月のある夜の事。雪が降っていて気温は零下20度。敷地に光が出現、消滅を繰り返していたので、その異常現象を捉えようとビデオカメラ持参で屋外に出た。すると…

  ・小型の F-117 のシルエット。6フィート上空。無音。

・21:45 Gorman 一家がいない時にも超常現象が発生したのを 3人の NIDS の科学者が確認。よって当該一家は超常現象の原因要素ではない。

・27:00 別次元へのポータルが開かれたように見えたケース。暗がりの夜空に、オレンジ色の物体が見えた。ライフルのスコープで見るとその中に別次元の明るい空が見えた。さらにあるケースではそこから三角形の UFO があちらの次元からこちらの世界にやって来るように見えたと。

・36:00 高価な牛が押し込められていた事件の時、NIDS のチームが現場を計測した。すると異常な磁気が検出された。檻の金属棒は強く磁化されていた。

・43:30 ここでも pre-cognitive intelligence (コメント欄の *1 参照)の件。

・46:00 あたり。3台の野外監視カメラの電源が同時に停止。それらの監視カメラを別の監視カメラが捉えていた。

・53:00 あたり。Catle mutilation の事例。晴れた日中、の出来事。45分間の間に。すぐ近く 300m ほどの場所。血液が抜かれていた。現場に血痕が皆無。内蔵が抜かれていた。5時間後に NIDS が現場に到着し獣医が検死。二人の目撃者。



Podcast インタビュー(1:04:17):
・Colm Kelleher - Scientist At The Skinwalker Ranch




コメント:

・*1

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……


(2016-08-02)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR