体内のインプラント物体が放射する電磁波を測定しているようす (途中:その2)

What's New :

・(2016-07-11 追加)オシロスコープで波形を観測した…という話を追加。



抜粋(デタラメ):

・1:10:00 あたり。(電磁波を構成する)磁界の強度は 7mG

・周波数は 333.38604MHz(訳注:動画では Roger Leir が単位を GHz と言っているが、もちろん言い間違い)。

・磁界強度を測定中
20160612_gauss0.jpg

20160612_gauss.jpg


・電磁波の周波数を測定中
20160612_fm1.jpg

20160612_fm3.jpg




ドキュメンタリー動画(1:23:13):
・UFOTV Presents - WATCHERS 7: THE PHYSICAL EVIDENCE - HD




コメント:

・予算の都合があるのだろうが、スペクトラム・アナライザをリース業者から借りてきて電磁波のスペクトルも計測して欲しかった。当然、オシロスコープも借りてきて波形も見るべき。さらにネットワーク・アナライザで位相も…(欲を言えばキリがないw)

・別の動画で Roger Leir が証言していたが、奇妙なことにインプラントを体内から取り出すとすぐに電磁波が放出されなくなるのだと。電磁波発生のメカニズムやエネルギー源が気になる。生体の ATP がこのエネルギー源だとも思えないし。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

(2016-06-12)





--- (以下、2016-07-11 追加分)---

・オシロスコープで波形を観測すべきだ…と述べたが、実際に観測したという動画を見かけたので下に追加しておく。

・52:00 あたり。Roger Leir の講演の一部。電子技術のエンジニアがインプラントにプローブ(測定用端子)を取り付け、オシロスコープで波形を観測した。すると…

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……



・Abducted by Aliens UFOs and Close Encounters of the 4th Kind - They Are Watching Us!




コメント:

・Roger Leir は医者(脚専門の外科医)であり、電子技術は専門外。なので上の講演の結論部分の話(外部の入力電磁波信号にインプラントが電磁波出力で応答している…という話)だけでは電子技術の面から見ると肝心の根拠となるデータが欠落している。その意味で不十分な内容となっている。特にインプラントへの入力信号に関する具体的な観測方法と測定データが欠落している。

(2016-07-11)

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言っていた。ところで騙されやすいカモのリストは高額で売れるが、そのリストを作るとしたら、どんな釣り餌を垂らせばカモが喰いつくだろうか?
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR