ET によるアブダクティの洗脳:高度な物理や数学を教わったと信じこむ事例 (途中:その2)

What's New :

・(2016-07-01 追加)細部を追加。



はじめに:

・ET がアブダクティにデタラメな情報を洗脳によって植え付ける事例については過去記事でも何度も紹介した。デタラメな情報とは

  ・(a) 近い将来に発生する地球規模の大災害や壊滅的被害、環境の激変に関する予言
  ・(b) UFO の推進原理や zero point energy 装置の原理
  ・(c) ET の母星の名前やその社会システム
  ・(d) 人類の起源(人類は ET が DNA 操作で産みだした、の類)

  など。

・このうち、(b) については下の過去記事でも取り上げてきた。

  David Sereda : 巨大 UFO を目撃した後、UFO 推進装置開発に執着 (2016-01-16)

  UFO の光ビームを浴び体外離脱して UFO 内部へ連れ込まれた (途中:その2) (2015-10-14)

  Frendship 事件の異星人が語ったという UFO の駆動原理 (途中:その2) (2015-08-17)

  1987年12月1日、イギリス:元警官が異星人の写真を撮影、UFO に搭乗(補足) (2013-02-14)


・さて昨日の記事、

  Laurie McDonald : 自分がイエスと同等だと洗脳され、騙されたアブダクティ (途中:その1)  (2016-06-16)

 で Laurie McDonald の講演を紹介した。彼女はその講演の中で、ET によるアブダクティの洗脳の事例について詳しく語っていた。ところが…。皮肉なことに彼女自身が ET によって洗脳されており、それを全く自覚していない…これが彼女の講演の中の発言から明瞭に読み取れる。

・Laurie McDonald が ET に洗脳されており、彼女は全くそれを自覚してない――のみならず彼女は洗脳された状態を自慢すらしている――事を明瞭に示す発言が、下の動画の 1:18:00 あたりから始まる。

・以下、彼女が受けた洗脳の具体的内容を、彼女の動画の発言に基づいて説明する。



抜粋(デタラメ):

・1:18:00 あたりから。

・1:19:32 ある夜、George LoBuono と一緒に彼の開発した特殊なテクニックを教わった。それは夜空の特定領域に注意を向け、赤色矮星からやってくる特殊なエネルギーを感知するテクニックだった。

・ある日、教授から高等数学の数式を教わった…という夢を見た。

・その後、(たぶん夢ではなくこの現実世界の)レストランで、George LoBuono と一緒に三角形をした数学の記号を操っているうちに、タイムトラベルを表現する数式を導き出した。さらに数式を操っている内に、ゼロ・ポイント・エネルギーを表現する数式も出現した。

・1:22:00 ハーバード大学の公開講座(Harvard Extension School)に参加して高等数学を学んだ。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……



講演動画(1:56:49):
・Laurie McDonald (02-16-16) Abduction




コメント:

・1:19:32 あたりの Laurie McDonald の発言で彼女の数学や物理の知識が露呈している。彼女は、赤色矮星から地上に届く、長くて「遅い(slow)」不可視のエネルギー波(赤外線領域の電磁波)…と語っているが、宇宙空間を伝搬する「遅い」電磁波など存在しない。

・彼女の言う三角形の記号…というのはたぶんナブラ(∇)もしくはラプラシアン(Δ)のことだろう。彼女はその三角形の記号(演算子)は時間(で微分)を意味する、と述べている。もちろん、全くの誤解。彼女はその程度の理解でタイムトラベルやゼロ・ポイント・エネルギーを表現する数式を誘導した…と自慢気に語っている。つまり、全く理解していない事柄を理解したと思い込んでいる。これぞ洗脳の証。なお、彼女はアブダクティでハイブリッドの可能性も高いと語っている。

・1:18:00 あたりで彼女が言及していた本が下。

20160701_alienmind_book.jpg

George LoBuono, "Alien Mind: The Thought and Behavior of Extraterrestrials", 2010,


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

履歴:

(2016-06-17) 作成
(2016-07-01) 追加

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言っていた。ところで騙されやすいカモのリストは高額で売れるが、そのリストを作るとしたら、どんな釣り餌を垂らせばカモが喰いつく
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR