ロバート・モンローの奥深い発言(途中:その2)

What's New :

・(2016-06-27 追加)別次元にある「魂の故郷」を訪れた体験に関する記述を追加。



はじめに:

・Robert Monroe(ロバート・モンロー)の晩年の動画を紹介する。

・前半部分はさして目新しい内容ではないが、後半部分で一転。凄まじく興味深い内容になっている。お勧め。



抜粋(デタラメ):

・この地上世界に人間として生まれてきた理由が 35:00 あたりから説明されている。

  ・第一の理由は特有の計測システム(measurement system)を学ぶため。この地上世界には特有の計測システムがあって、それを学ぶためだとしている。(計測システムとは善悪、苦楽などの二値的な判断基準のことらしい)

  ・第二の理由はエネルギーの操作を学ぶため。具体的には自分の手足を楽々と操ることだという。このような能力は他の世界ではとても役立つのだと彼は主張。

  ・我々は、これらの学んだ事を貴重な手土産として「故郷(Home)」に帰るのだという。

・さらに 39:00 ごろから別の興味深い話をしている。それはまた後日紹介。


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……



動画(63分):
・Robert Monroe's Out of Body Experiences




コメント:

・上記のデタラメな翻訳を読むと、彼の発言がごく平凡でつまらない内容としか思えないが、それは私の翻訳があまりに稚拙(かつ横着w)なため。彼が動画で語っている内容はとても深い(たぶん)。

・47:50 あたりの発言には驚いた。一時的に故郷に帰った時の感慨を「伸ばされたゴムひもが元に戻るような感じ」と述べている。確か EO が著書でこれと全く同じ表現をしていた筈(どの本かは忘れたが)。(2016-06-27 追記:2年ぶりにこの箇所を聞き直してみたら、表現は同じだが、ニュアンスが違っていた。Robert Monroe は故郷に戻る時に用いた方法についてこの比喩を用いただけで、感慨ではなかった。貧弱なリスニング能力のせい)

・49:00 ごろから、一時的に戻った時の故郷がどんな様子だったかを語っている。そしてその素晴らしい故郷を離れた理由(飽きたのだと言う…w)も。そして新しい彼のゴールについても語っている。

(2014.04.10)



--- (以下、2016-06-27 追加分) ---

・すぐ上の箇所で記載した、別次元にある「魂の故郷」の件、
---
・49:00 ごろから、一時的に戻った時の故郷がどんな様子だったかを語っている。そしてその素晴らしい故郷を離れた理由(飽きたのだと言う…w)も。そして新しい彼のゴールについても語っている。
---

 について、記述した文章を参考用に引用しておく。

20160627_p309.jpg


出典: Ronald Russell (原著), 杉本 広道 (翻訳) 、『ロバート・モンロー伝―体外離脱の実践研究者』中央アート出版社、2010年、309頁

20140817_book.jpg


(2016-06-27)

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言っていた。ところで騙されやすいカモのリストは高額で売れるが、そのリストを作るとしたら、どんな釣り餌を垂らせばカモが喰いつくだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR