FC2ブログ

Bentinho Massaro : 「時間は実在しない」と語る精神世界の講談師

はじめに:

・タイトル(How to use Parallel Realities - Shift into an alternate Universe!)に釣られて視てしまった動画を紹介する。

・口先一つで聴衆を 2時間近くも飽きさせずに惹きつけ続ける、彼の講談の芸は大したもの。



抜粋(デタラメ):

・19:00 あたり。時間は実在しない…と。彼はそのことを体験し、実感したのだと。

・1:23:00 あたりの発言(あなたの未来を過去へ位置づけろ!)が奇抜で面白い。

講演動画(1:48:43):
・How to use Parallel Realities - Shift into an alternate Universe!




コメント:

・Bentinho Massaro は講演の冒頭、数分間の間、沈黙したまま聴衆をじっくりと眺めている。彼の講演ではいつもそうやっているようだ。

・Bentinho Massaro はアビダルマで説く三世実有説(下を参照)と同じ趣旨の主張をしている。フィルムのコマの比喩まで同じ。

---
三世実有説

説一切有部の基本的立場は三世実有・法体恒有と古来いわれている。森羅万象(サンスカーラ、梵: saṃskāra)を構成する恒常不滅の基本要素として70ほどの有法、法体を想定し、これらの有法は過去・未来・現在の三世にわたって変化することなく実在し続けるが、我々がそれらを経験・認識できるのは現在の一瞬間である、という。未来世の法が現在にあらわれて、一瞬間我々に認識され、すぐに過去に去っていくという。このように我々は映画のフィルムのコマを見るように、瞬間ごとに異なった法を経験しているのだと、諸行無常を説明する。
--- https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%AC%E4%B8%80%E5%88%87%E6%9C%89%E9%83%A8#.E4.B8.89.E4.B8.96.E5.AE.9F.E6.9C.89.E8.AA.AC


・ついでに、佐々木閑(仏教学者)がアビダルマの時間について語ったという話が Web にあったので引用しておく。要はアビダルマでは時間は妄想・錯覚であり、究極の実在だとは見なされていない…という話。

---
・「これが”有”の哲学の全容です。
  つまり、釈迦仏教では”宇宙は実在する”と考えていたんです。
  よく言われる”空”の思想、あれは大乗で出てきた考え方ですからね。
  アビダルマの”有”を否定するために」(佐々木先生)

...

◆ 時間はコマ割りである! ◆


映画のフィルムは、実は1秒間に24コマの静止画をつなげた、
超ハイスピードの紙芝居です。


なんと、仏教の考える「時間」もそうなんですって!

常に流れているわけではなく、「刹那」という単位のコマ割りだと。


私が前に読んだ本では、「刹那=75分の1秒」とあったのですが、
1秒間に75コマ。映画より3倍もスムーズなフィルムです!


例えば、今、目の前に「佐々木閑」という先生が動いていますが、
それは静止画像を何万枚も見せられているわけで、
しかも1枚たりとも同じ画像はない。
その総体を佐々木先生だと思っているだけで、
「佐々木閑」という実態があるわけではない。


で、このフィルムを回す映写機を止めること、それこそが「涅槃」だというのです。
「時間を超える」、生も死もない、それが仏教の目指す「涅槃」だと。

これが「時間論から見た無我です」と、佐々木先生の刹那の集合体はおっしゃいました。
--- http://ameblo.jp/nibbaana/entry-10267494987.html

(2016-04-12)

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言ってました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR