輪廻の目的が「魂の学習」ではなく、「搾取のための監獄」であるという根拠は… (途中:その2)

はじめに:

・スクール説と監獄説については過去記事でも何度か取り上げてきた。

  この現世(物質的世界)の目的は何か?:豊富な OBE 体験を持つ二人の人物の相反する見解 (途中:その2) (2015-04-30)

  2010年、カナダ:OBE 中にカマキリ型 ET に遭遇し、無数の過去世を想起した (途中:その2) (2016-01-17)

・下の動画では「スクール説が成立しえない」根拠を述べており、それなりの説得力があるので紹介する。



抜粋(デタラメ):

・2:30 から。スクール説が正しいのならば、輪廻の度に過去世の記憶を全て失うという事実と矛盾する。

・なぜなら、スクール説が成立するためには自分の過去の行動を思い出して反省し、未来の行動にそれを反映させるという「学習」が必須。ところが、学習のための最低条件である記憶を失ってしまうのであれば、学習は不可能となる。よってスクール説は成立しない。



動画(4:27):
・DON'T go to the light - Part 8 (Prison Planet)




コメント:

・この動画の語り手が誰なのか気になる。彼のタイトルの趣旨の指摘はシンプルで分かりやすい。

・彼の上の主張に対して「過去世を忘れ去ることで、魂の表面上の学習ではなく、魂の深層まで及ぶ本物の学習が期待されている」…などといった類の反論が予想される。だが、そういった反論は言い逃れでしかなく、深刻な矛盾をもたらす。

・この深刻な矛盾の説明は面倒くさいので省くが、かわりに下の Joe Dispenza の講演を見ることを勧める。人格(魂)の深層に及ぶ学習は表面的な学習の地道な繰り返しによってのみ、達成される…ということを説得力をもって語っている。(なお、 Joe Dispenza の有名な "What the Bleep Do We Know" や "The Science Of Changing Your Mind" については批判を含め、色々あるので薦めない)

TED 講演(17:50):
・Dr Joe Dispenza - TED Talks with Dr Joe Dispenza


・大脳生理学に頼った説なんて(信じない)…という人もいるだろうから補足すると。人格(魂)の深層に及ぶ学習は表面的な学習の地道な繰り返しによってのみ、達成される…この点については主な宗教も同意している。仏教でいえば、釈尊もクドいほどそれを説いていた(八正道の中の正精進がソレ)。

・さて…。「スクール説が成立しない」…というのは序論でしかない。「他人に危害を加えた場合、死後の追体験でその被害者の立場からも追体験する」という話を下の過去記事で取り上げてきた。

---
・臨死体験者などの証言などで「人間は死後、その人生を(走馬灯のように)振り返る。そして悪行と善行を追体験する」と言われている。

・さらにある人々(Rudolf Steiner や Dannion Brinkley )は次のように主張している。他人に危害を加えた場合、死後の追体験でその被害者の立場からも追体験する…と。下の過去記事で Dannion Brinkley の詳しい証言を紹介ずみ。

  三度、臨死体験したと言うダニオン・ブリンクリーの嘘 (2011-12-16)

--- Rey Hernandez:「臨死体験中、被害者の立場で追体験した」という父親の証言 (途中:その1)

・「スクール説」が成立しないとなると、この「死後の追体験でその被害者の立場からも追体験する」という体験に関して従来の精神世界で蔓延っている勧善懲悪的な説や ( Rudolf Steiner がよくやる)魂の進化がどうのこうの、といった類の説とは全く異なる解釈が可能なことに気づく。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

履歴:

(2016-03-24)作成
(2016-03-26)追加

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言ってました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR