ファティマの輝く円盤の奇跡は自然現象か






ソース: http://forgetomori.com/2011/science/leaping-streams-of-light-a-new-natural-phenomenon/


要旨:
・上のビデオには雲の上の灯台から光のビームが跳ね回っているような様子が撮影されている。
・この現象は UFO や奇跡の類ではなく、自然現象であると元ソースでは説明している。下図がその簡単な説明。積乱雲に含まれる微小な氷が太陽光を反射して光のビームができるが、その微小な氷が強い上昇気流などで急激に移動することによって、光のビームの方向が変化するように見えるのだ、と。積乱雲による静電場の急激な変化も若干は関係しているかも。
fig20.jpg



コメント:
・バチカンも認めたという「ファティマの輝く円盤の奇跡」という現象は上のビデオの現象と共通した部分があるように思える。つまり奇跡ではなく、自然現象として説明が可能かも知れない。「ファティマの輝く円盤の奇跡」というのはここから引用すると次のようなものだという。

---
それまでの土砂降りの雨が急にやみ、黒雲が割れて青空が展開したかと思うと、見なれぬ"太陽"が出現したのだ! 銀白色の円盤状の物体が天頂に現れてから、急速に車輪のように自転を始め、その周囲に無数の色光を放っている。

7万人の大群集から大喚声が湧き起こった。
「あーっ、動いているぞ!」「こっちの方向だ!」

輝く大円盤は回転を停止して、少し水平に移動したあと、またもとの位置にもどって、ふたたび自転を始め、すさまじい色光を放射する。これが3回くり返されてから、今度はジグザグで下降を始めて、群集の頭上に落下するかのように見えた。

...skip...

全く驚いたことに、空中をゆるやかに、しかも堂々と滑空しながら、東から西へ飛んでいる1個の光球が、私の目にもはっきりと見えるのだ。
...skip...

突然この"太陽″は揺れ動いて、ある唐突な運動を行い、ついに火の車のようにめまぐるしく回転し始め、巨大なランプのごとく四方に燦然たる光を放ったが、この色光は次々に緑、赤、青、紫と変化した」
--- (出典 http://www.gasite.org/library/fatima/index06.html )
06.jpg

・強い降雨の後の現象であること。回転したり、停止すること。色光を放射すること。などが上のビデオの現象と共通している。
・上の引用にある「空中をゆるやかに、しかも堂々と滑空しながら、東から西へ飛んでいる1個の光球」は光のビームとは別の現象で、球電ではなかろうか。


関連記事

テーマ : 心霊
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR