FC2ブログ

Monty Python :"always look on the bright side of life"

はじめに:

・zerohedge.com が最近の世界的な株価の急落に関連して下の風刺動画を掲載しているので紹介する。

20160123_EOD12_1_0.jpg



動画(3:18):
・Always Look on the Bright Side of Life - Monty Python's Life of Brian


ソース: http://www.zerohedge.com/news/2016-01-22/worst-start-year-2008-stocks-bounce-crude-squeeze-global-jawbone



コメント:

・歌詞だけを聴くと「人生の明るい側面を見て、積極的に生きよう!」的なイメージだが、下の切り出し静止画ような状況で歌っているので、"Monty Python" 流のキツイ風刺であることは明らか。(そもそも磔は呼吸困難による窒息死をもたらす刑罰。歌を歌うなんて不可能)

  ・参考: http://ura.sakuraweb.com/ura/gomon_07_05.htm


20160123_monty_python.jpg


・特に 2:33 からの歌詞が屁理屈過ぎて笑える…w

---
What have you got to lose?
You know, you come from nothing. You are going back to nothing.
What have you lost? Nothing.
---
 (何を君は失ったというのだ? 君は無から生まれてきて、無に帰るというのに。
  失うものなんか何もない。)

・このフレーズで納得したような気になるような人は、とても騙され易い人物か、現実から遊離した夢想的観念主義者のどちらか。こんな屁理屈のフレーズを聞かされても普通の人間はだれも腑に落ちた心地がしないし、納得もしない。これと共通するのが、エピクロスの次のフレーズ。

・「人が生きている間には死は訪れず、死が訪れた時にはその人はすでに存在しない。生きる者にとって死は存在せず、また死んだ者はすでに存在しない。よって、人は死に出会わない。出会うことのない死を恐れることは不合理だ。」

・大昔―まだジャーナリズムを疑うことを知らず無垢だった頃―の事だが…。たしか朝日新聞の論説委員が執筆したコラム記事でこのエピクロスのフレーズを得意げに紹介していたのを目にした事がある。こんなトンチ話レベルの屁理屈を鵜呑みにするようなヤツが論説委員サマをやっているのか…と呆れたことが印象深く記憶に残っている。

(2016-01-23)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR