Gordon Chang : 中国経済の崩壊が間近

抜粋:
・中国経済の崩壊が間近だと Gordon Chang が主張している。
Gordon_G_Chang.jpg

・中国は世界経済の「最後の救い手となる財布」の役割を期待できないと彼はいう。中国経済の顕著な成長も期待できず、むしろハードランディングが間近だという。

・彼は1980年代から中国に住み、現地で仕事をしてきた経験がある。

・上海では 10月だけで資産価値が 30%落ちている。

・過大な経済刺激政策の反動が起きているという。2009年には経済刺激政策として 4.3兆ドルの不動産市場に 1.1兆ドルをつぎ込んだ。これが株式市場と不動産市場のバブルを招いた。

・政治的・社会的不安定性が増している。来年末から共産党の首脳陣が入れ替わるため、当面の間、大胆な政策や重大な経済政策が打ち出せなくなる。政治腐敗の刷新も期待できない。

・富裕層と超・富裕層が中国本土から逃げ出している。中国人はここ数百年にも渡って国内の様々な動乱を見てきた。いま富裕層が中国本土から逃げ出している。パスポートをとり、家族を海外に住まわせている。これは中国経済崩壊の先行指標というべきものだ。

・私が住んでいる所から 25マイル南へいくとプリンストンやニュージャージーだが、そこには沢山の綺麗な家々が並んでいる。そこに彼ら中国人富裕層が購入して家族が住んでいる。彼らはメルセデスを 1台または 2台持っている。父親が同居していないことを除けば、全くアメリカの家庭そのものだ。父親たちは北京の高級官僚で、中国から可能な限りカネを盗み取っている。このように中国の富裕層は既に中国経済の崩壊を見越して逃げ出す用意を進めている。

・中国の不動産市場のバブルが弾けつつある。上海のあるマンション業者は売出価格を最近になって 30% 下げた。このため、値下げ前に購入した客との間でトラブルになっている。またある地方都市ではマンションを最初に購入した客、 150名に高級車の BMW を提供するという。


ソース:http://www.chrismartenson.com/blog/gordon-chang-reasons-chinas-imminent-bust/65040


コメント:
・中国の富裕層は万一に備えて第二の国籍を取得するために 7桁ドル(数億円)のカネを喜んで払っている、という記事を他で読んだことがある。その金額が一人頭なのか、家族全体なのかは忘れたが。
Related Entries

Topic : 国際経済
Genre : Politics/Economics

Post a comment

Private comment

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR