FC2ブログ

Jonathan Reed : 愛犬が ET に殺された状況の詳細 (全体)

What's New :

・(2015.09.19 追加)やや最近(2013.09.18)なされた Podcast インタビューでの発言を追加。



はじめに:

・過去記事で紹介した内容よりはるかに詳しく、興味深い内容となっている。

なお、PART 5/14 の動画での説明が一番、詳しい。



・下の 3つの動画の抜粋はとりやめ( 2015.09.19 の追加部分で代替する)。なので、スクロールして下の部分を参照されたい。



・開始直後から。愛犬が ET に殺された場面の証言。

動画(10:00):
・PART 3/14 ODISEALINK THE MOVIE DOCUMENTARY MAY 9TH 2009: THE ALIEN ENCOUNTER OF DR JONATHAN REED




・8:50 あたり。彼の愛犬を引き裂いて殺した小柄な ET を棒で叩きのめした後、気づくと周囲が完全に無音になっていた。

インタビュー動画(10:00):
・PART 3/14 ODISEALINK THE MOVIE DOCUMENTARY MAY 9TH 2009: THE ALIEN ENCOUNTER OF DR JONATHAN REED




・1:30 あたり。愛犬が引き裂かれた時の詳細。

インタビュー動画(10:00):
・PART 5/14 ODISEALINK THE MOVIE DOCUMENTARY MAY 9TH 2009: THE ALIEN ENCOUNTER OF DR JONATHAN REED




おまけ:

・下が UFO を上から見た写真らしい。

20150915_ufo.jpg

(2015.09.15)



--- (以下、2015.09.19 追加分)---

・最近(2013.09.18)なされた Podcast インタビューがかなり詳しいのでタイトルの件をざっと紹介。

・16:30 あたりから。

  ・彼の犬が ET の腕に噛み付いていた状況が見えた時、ET と犬が超高速で振動しているように見えた。まるで塗料撹拌機のような感じで高速に振動していた(18:35)。そのため、ET のアウトラインがブレて見えた。

  ・犬が噛み付いていた ET の腕を覆った黒い服の被覆部分が盛り上がり(ET に別の腕が新たに生えているような感じ)、犬の頭部を押さえ込んでいたように見えた。犬が噛み付いて離れないというより、その服の盛り上がりが咥え込んでいるようにも見えた(20:20)。

  ・ET が両手で犬の両顎を掴み、背骨まで大きく引き裂いた。犬の体液と内蔵が噴出したが、不思議な事に犬の体に黒い空間(穴)が生じ、その中に犬全体が吸い込まれて消え去った。後には細かな灰が地面に降り落ちた。

Podcast インタビュー(2:59:45):
・Art Bell's Dark Matter - Alien In The Freezer - Jonathan Reed


(2015.09.19)

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は真に受けない方がいい、と警察のヒトが言ってました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR