FC2ブログ

Jonathan Reed の証言を肯定的に検証した講演動画 (途中:その1)

はじめに:

・Jonathan Reed については下の過去記事で否定派の記事を紹介した。

  Jonathan Reed の事件(異星人の死体)(途中:その4)  (2012.12.10)

・過去記事では Jonathan Reed の体験について

  ・森の中で UFO を目撃、その付近で ET と格闘し殺害、自宅に運び ET をビデオ撮影、ET を冷蔵庫に保管

 というところまでは紹介した。

・その後の続報が下の講演動画の中で詳しく説明されているので紹介する。講演者はこの事件を詳しく調査した二人の人物で最後に Jonathan Reed 本人も演壇に登場して語っている。

・講演者は複数の証人の証言と、幾つもの具体的な証拠を元に否定派の主張(Jonathan Reed の博士号取得は嘘、医学大学勤務は嘘)がデタラメであることを論証している。

・この動画で始めて紹介される話も多い。たとえば…

  ・Jonathan Reed が殺害したと思われていた ET は傷が癒え、回復し、彼と対話を試みている。その音声記録が紹介されている。

  ・Jonathan Reed が、持っている ET 由来の腕輪を NASA の研究機関で分析した結果

  ・その腕輪を用いて Jonathan Reed が実際に講演者の真横からテレポートしてみせた体験。

・以下は各項目を全体的に少しずつ書き足したり修正したりして完成させる予定なのでそれまでは不完全なまま。



抜粋(デタラメ):

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……


動画(10:05):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 2.wmv




・7:50 あたり。実際に医科大学に勤務していたというメールアドレスの証拠が見つかった。

動画(10:15):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 4.wmv



・大学の元同僚が撮影した Jonathan Reed の写真。写っているカレンダーと写真の日付が一致。名札が証拠となる。

動画(10:11):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 5.wmv



・地元の銀行員の証言。Jonathan Reed は古くから顧客として取引があり、口座にはかなりのカネがあった。ある日、マネージャーが銀行員を集め、Jonathan Reed に関して一切知らないことにしろ、存在しないことにせよ…と命じたという証言。

動画(10:09):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 6.wmv



・4:00 から。大学の元同僚の証言。存在しなかったことにせよと命じられた。
動画(10:09):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 7.wmv



・4:25 ET の衣類をナイフでカットしたら、そのカットの部分が自動修復した。3度実演。
動画(10:10):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 10.wmv


・見知らぬ男に撃たれた。体に銃弾の跡。背中に直径 5cm の傷跡。

・最初から。隣にいたのにテレポートして消えた。

・8:00 本人が登場。

動画(10:17):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 11.wmv



・6:23~8:26 から ET と対話を試みている状況の音声記録(ビデオ映像は奪われたらしい)を再生。

動画(10:10):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 12.wmv




コメント:

・Jonathan Reed の主張を鵜呑みにする気はないが、講演者の取り上げている証拠データと証言に無視できないレベルの説得力がある。これに比べると前述の否定派の記事は反証の根拠とするにはやや脆弱。

・なので Jonathan Reed については判断をリセットして見直すつもり。

(2015.07.28)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR