Whitley Strieber : タイムスリップを経験した (途中:その2)

はじめに:

・Whitley Strieber (アブダクティ、作家)が自身のタイムスリップの体験談を Podcast で語っているので紹介する。

・1:50 からその話。



抜粋(デタラメ):

・ある金曜日の朝、何か映画を見に行くつもりで、新聞の映画の批評記事を妻に読んで聞かせていた。2時間後、その新聞記事は跡形もなく消え去っていた。その映画のタイトルを覚えていたので、ネットで調べるとまだその映画はまだ完成していなかった。

・6週間後にその映画が公開され、新聞にその映画の批評記事が掲載された。その記事は先に読み、消えてしまったものと同じものだった。なお、後にその映画を見に行った。

Podcast(36:05):
・Dreamland: Anomalous Movement Through Time 3-08-2013




コメント:

・Whitley Strieber の証言に嘘がなかったと仮定して…。彼のこの体験は本物のタイムスリップと解釈すべきだろうか?

・もっとシンプルな解釈が幾つか考えられる。たとえば…

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

履歴:

(2015.05.26) 作成
(2015.05.27) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR