NASA が偶然にワープ駆動現象を発見した…かも?

はじめに:

・…という記事を紹介する。まず間違いなくデマか計測ミスだとは思うが、記録しておく。



抜粋(デタラメ):

・ワープ駆動の原理は幾つか考案されており、下の図もその一つ。
20150426_warpdrivediagramedited.jpg

・Roger J. Shawyer (イギリスの技術者)が EmDrive というマイクロ波を放射することで駆動力を得る(と称する)装置を考案している。EmDrive の試作機が下。(なお、 EmDrive の動作原理を否定する専門家が多数存在する)
20150426_emdrive.jpg


・NASA が Johnson Space Center で低出力の EmDrive の試作機を作成してテストしている時、発生したマイクロ波ビームが光速を超えているのが計測されたらしい。これが事実なら EmDrive はワープ場を生成したことになる。

---
Which brings us to today’s warp field buzz. Posts on NASASpaceFlight.com, a website devoted to the engineering side of space news, say that NASA has a tool to measure variances in the path-time of light. When lasers were fired through the EmDrive’s resonance chamber, it measured significant variances and, more importantly, found that some of the beams appeared to travel faster than the speed of light. If that’s true, it would mean that the EmDrive is producing a warp field or bubble. Here’s a comment from a space forum following the tests.

That’s the big surprise. This signature (the interference pattern) on the EmDrive looks just like what a warp bubble looks like. And the math behind the warp bubble apparently matches the interference pattern found in the EmDrive.
--- http://mysteriousuniverse.org/2015/04/nasa-may-have-accidentally-developed-a-warp-drive/



コメント:

・まず間違いなく計測ミス。ソース記事にも大気中での計測結果だとあり、真空中での計測が必要だと記載されている。
---
To prove that the warp effect was not caused by atmospheric heating, the test will be replicated in a vacuum.
---

・EmDrive が下の原理図のようにマグネトロンと空洞共振器(のようなマイクロ波放射ホーンのような)から構成されているものならば、ワープ駆動なんてありえない。なぜならこの構成でマイクロ波ビームの伝搬速度が光速から僅かでも変化する現象が存在するのならば、既にレーダー(による距離の測定)でその現象が発見されている筈。



・参考:

  ・EmDrive の原理

20150426_Electromagnetic_drive.jpg
   (図のソース:  http://peswiki.com/index.php/Image:Electromagnetic_drive_400.jpg

  ・中国の研究者チーム、「不可能」とされてきた電磁推進の成功を主張

(2015.04.26)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR