FC2ブログ

Jonathan Reed の事件(異星人の死体)(途中:その4)

What's New :

・(2015.03.22 追加)埋め込みの動画が既に消去されていたので除去し、新たに代替の動画を組み込んだ。



はじめに:

・異星人の死体を確保したが奪われた、という事件。ビデオ、写真、複数の証言者が揃っているがいかにも捏造臭い事件。だが、真実だと判断している専門家も多い。

・逆に www.ufowatchdog.com のように捏造だと強く主張するサイトもある。

・Youtube の関連動画には、日本の TV 番組で放送されたと思しきシーンがあるが、私は TV を見ないのでどの程度、日本国内で知られている事件なのか、見当がつかない。



要旨(デタラメ):

・1998年11月11日、Jonathan Reed は有名なオカルト系のラジオ番組、 "Coast To Coast AM" に出演して、注目を浴びた。

・その番組の中で彼は次のように述べていた。

  ・1996年10月15日、彼は Robert Raith と名乗る男と一緒にワシントンの国有林で異星人に遭遇した。異星人は彼の犬を殺し、彼も殺されそうになった。

  ・彼は異星人を殺し、死体を彼の家の冷蔵庫に入れておいた。

……途中……
……途中……
……途中……



・以下のソース: http://www.ufowatchdog.com/reed_files_2.htm

・以下、Jonathan Reed の過去がどのようなものだったのか、それをかつての親友が告白したもの。当時の写真もあり、重要な資料だといえる。

・2002年4月10日、ソース記事の著者(Royce Myers, III)のもとに Jonathan Reed の友人だったという人物から連絡があった。彼の名前は Bill Werner という。

・Bill Werner は Jonathan Reed について次のように証言してる。
  ・Jonathan Reed は博士号(PhD)を持っていないし、医学博士(MD)でもない。大学に通ったこともない。
  ・その当時、彼は Jonathan "Reed" という名前ではなく、Jonathan "Rutter" という名前だった。(訳注:以下、紛らわしいので Jonathan Reed で統一する)

・Bill Werner はワシントン州に 30年ほど住んでいる。その地で 1983年ごろから Jonathan Reed と知り合って、後に親しく付き合うようになったという。彼が Jonathan Reed と知り合ったきっかけは、Jonathan Reed の元恋人(15年以上の恋人付き合いで、名前は Barb とだけ書かれている)が彼の同僚だったことだ。

・そのうち、Bill Werner は Jonathan Reed の親友となった。Bill Werner が 1994年に結婚した時、その結婚式に招かれただけではなく、花婿介添人(best man :アメリカにおける結婚式で、花婿の親友や兄弟が勤める。とても名誉ある役割だとされている)の一人にも Jonathan Reed はなったほど。(訳注:掲載されている写真を流用することを禁じる、とソース記事に書かれているので、当時の Bill Werner と Jonathan Reed の写真はソース記事を参照して欲しい。)

・ソース記事にはその時の結婚式に参加した Jonathan Reed と元恋人の写真が掲載されている。また 1991年には Bill Werner と Jonathan Reed は恋人を連れて夏のバカンスを一緒に楽しんでいる。その時の写真も掲載されている。

・結婚式やバカンスでの写真からこの時期の Bill Werner と Jonathan Reed の関係は極めて良好だったことがわかる。

・当時、Bill Werner は酒の席などで Jonathan Reed から精神的に悲惨な境遇にある子どもたちのケースを何度も聞かされていた。

・当時 Jonathan Reed は元恋人や Bill Werner など、周囲の人々に次のように話していた。

  ・私(Jonathan Reed)は児童専門の精神分析医で虐待などの心理的トラウマを持った子どもたちを専門に治療している。治療は主に夜間、20:00 過ぎから行ない、自宅に戻って眠るのは 4:30ごろ。起床するのは 13:00ごろという生活パターン。

  ・St. Joseph's 病院では私を治療メンバーに加えたがっていた。だが、私は治療対象の子供とはチームではなく、一人だけで対応したいので、メンバーにはならなかった。

  ・私は専門分野では世界的に有名だ。(後に嘘と判明)

  ・私は専門分野の身分(博士号)を証明する書類を用意できないでいる。その理由はちょっとした不運な出来事のせいで、記録がオックスフォードからワシントンとスイスの大学へ送られていないせいなんだ。国の証明書は獲得したのだが、その記録がいまだに修正されていないんだ。(後に嘘と判明)

  ・私は他にも、コンピュータによる電話、ファックスなどの通信の暗号化の分野でも働いていた。通信が傍受されないようにするためのものだ。だが、NSA(国家安全保障局)が介入してきたので開発は中止になってしまった。

  ・私はロンドンで精神医学を学んだ。(後に嘘と判明)

  ・スイスにも住んでいたから、アメリカ国籍の他にスイス国籍ももっている。(後に嘘と判明。彼の両親は高齢だが今も健在で、彼の兄弟と一緒にアメリカに住んでいる。だからスイスの国籍はもっていない)

  ・飛行機事故で私の最初の妻が死んだ。(後に嘘と判明。カルフォルニアに健在だった)


・1998年4月ごろ、以下のような出来事があり Bill Werner は Jonathan Reed とは疎遠になった。

  ・Jonathan Reed が元恋人の悪口を言いふらし始めた。

  ・Jonathan Reed には元恋人に多大な恩義があった。Jonathan Reed が言うには「治療に関する事で訴訟され、損賠賠償を請求された。医療保険ではカバーされない。破産しそうだ」と。元恋人はその全ての債務を何カ月にもわたって、彼にかわって支払った。

  ・Jonathan Reed に別の愛人がいることがばれて、元恋人が彼を家から追い出した。

・疑問を抱いた Bill Werner が Jonathan Reed について調べはじめた。

  ・Jonathan Reed は仕事による収入が無さそうなのに毎月 4000ドルほどの出費を重ねていた。

  ・Jonathan Reed は 15枚のクレジットカードを持っていたが、その名義はすべて異なっていた。 たとえば 'J Bradley Rutter', 'Dr. J B Rutter', 'John B Rutter'というように。

……途中……
……途中……
……途中……





--- (2015.03.22 :削除された動画の組み込みを除去して代替動画を追加)---

インタビュー動画(13:11):
・The Jonathan Reed Story (Alien Encounter?)



動画(10:09):
・Update of Dr Jonathan Reed's Alien Encounter Part 6.wmv


高精細動画(4分):
・This Is Disclosure - Dr Jonathan Reed


ソース:
http://www.ufowatchdog.com/reed_files_1.htm

http://www.ufowatchdog.com/jonathan_reed.htm

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread449235/pg1


履歴:
(2012.12.10) 作成
(2012.12.11) 追加
(2012.12.14) 追加
(2015.03.22) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR