3年以内に Kariban ダムの大規模補修を実施しないと手遅れで重大災害に

20140827_Kariba_dam.jpg
  (写真: http://en.wikipedia.org/wiki/Kariba_Dam

抜粋(デタラメ):

・上の Kariban ダムはザンビアとジンバブエの間にある。

・このダムは当時の権力者の命令で拙速で作られたため、ダムの放水した水流がダム自身を侵食して極めて危険な状況にある。3年以内に大規模補修を実施しないと手遅れになり、最悪 350万人の人命が失われる。
---
The trouble is that the plunge pool has grown from an indentation in the riverbed to a vast 285-foot-deep crater. The water, which swirls around inside it with great force, is eroding the basalt rock on which the dam is anchored. In other words, the dam is eating itself alive. Engineers dare not open all the sluice at once ? the last time they did was in 1966.
---

Engineers say the work must be done in the next three years or it will be too late.

ソース: http://oilprice.com/Alternative-Energy/Hydroelectric/The-Worlds-Most-Dangerous-Dams.html

(2014.08.27)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR