UFO はガソリンエンジンを止めてもジーゼルエンジンを止めないという具体例

はじめに:

・UFO が車のエンジンを停止させる現象については過去記事でも幾つか取り上げてきた。

  UFO はジーゼル車のエンジンを止めない (2012.07.30)

  UFO による自動車エンジンへの干渉:特にエンジンが勝手に再始動する機序(全体) (2012.08.14)

・下で紹介するソース記事ではガソリンエンジンとジーゼルエンジンが同時に作動している場所に UFO が近づいた時の事件が取り上げられているので、参考データとして紹介する。



要旨(デタラメ):

・UFO が接近してもジーゼルエンジンは稼働し続けたが、ガソリンエンジンは停止し、UFO が去るまでエンジンはかからなかった。
---
Rodeghier reported that for a long time that it was only the gasoline engines that stalled but diesel engines seemed to be immune. Rodeghier wrote, “For example, a UFO passed over two tractors in Forli, Italy, on November 14, 1954, one tractor with a diesel engine the other with an internal combustion engine. The engine of the diesel tractor continued to operate, but the other tractor’s engine stopped and could not be started until the UFO had vanished.”
---
(上の原文では文脈的に内燃機関という言葉でガソリンエンジンだけを指しているようだ)

ソース: http://kevinrandle.blogspot.jp/2014/04/cars-stalled-by-ufos-part-two.html



コメント:

・ソース記事では、Condon 委員会の調査報告書の中でエンジン停止がどのように取り上げられているかも言及がある。

・以前、エンジン停止の現象について Condon 委員会の調査報告書がどのような分析をしているのかをチェックしたことがあり、それを過去記事(2013.03.29)

 コンドン・レポート:UFO による自動車のエンジンへの干渉(途中:その2)

 で取り上げたことがある。(Condon 委員会の調査報告書では)

---
 という矛盾した報告がなされていて、コンドンレポートの信憑性に疑問符が湧いてくる。
...

・このレポートのエンジン停止に関する箇所は、強磁界下でのエンジンの実験だけで結論を出す方向で最初から議論を組み立てていたのではないか…という疑念が残る。
---

 というようなトホホな内容だった。なお、この時の調査委員長を務めた Dr. Edward U. Condon は CIA などと共謀して UFO に関する情報操作に加担していたという強い疑いが持たれている。

(2014.05.08)
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR