FC2ブログ

中国の住宅事情

・興味深い部分のみ紹介。



要旨(デタラメ):
20130801_china.jpg

・汚職で追放された運輸大臣が、少なくとも 374戸の家を所有していることが判明した。これらの家はまだ売却したり、貸し出したりはしていなかったが、不動産相場の高騰によるキャピタルゲイン(売却益)を狙っていた。
---
A former railway minister, who lost his job over corruption, was found to be in the possession of no fewer than 374 houses. He’s not alone. Other officials have been found to own dozens or even hundreds of houses, not for sale or for rent, but for potential capital gains. That of course doesn’t sit well with ordinary Chinese who struggle to afford even one home.
---


・主要都市に住む若い夫婦の一般的な住宅事情はこんな感じ。両親が住宅ローンの頭金(通常は不動産価格の 30~40%)を支払い、倹約して暮らす。毎月の住宅ローンの支払いは月収の 30~40%で、それがほぼ一生続く。
---
In the major cities, most young people are forced to use money from their parents to make a down payment on a mortgage loan, and then work hard and live frugally to repay the loan. The down payment is usually 30% of the total price, and the monthly installment payment usually represents 30-40% of their wages. It is quite common in China for this commitment to almost entirely take over one’s life.
---

ソース:http://thediplomat.com/2013/07/31/chinas-housing-living-in-a-bubble/

(2013.08.01)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR