FC2ブログ

1980年12月29日、テキサス州:UFO 目撃者達の放射線障害に関する医師の発言(途中:その1)

はじめに:
・過去記事(2012.07.14)

 1980年12月29日、テキサス州:ダイアモンド型巨大 UFO の目撃者達が放射線障害に(統合版)
 
 で目撃者たちのかかりつけの医師が興味深い発言をしているので紹介する。

・なお、この事件の UFO は米軍が秘密裏に開発中だった核爆発を推力とした飛行装置の試作機が実験中に誤動作したもので、周囲を取り巻いていた大量のヘリはそれを回収・警護していたのではないか…という説が濃厚(まるでアニメのパトレイバーみたい…w)。



要旨(デタラメ):

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

---
Dr. Brian McClelland, Betty Cash's personal physician, later stated that the witnesses suffered radiation exposure on a level felt three to five miles from ground zero of Hiroshima or 2-3 grays of radiation. A full-body exposure at one time to 5 gray or more from high-energy radiation leads to death within 14 days. The victims encounter only lasted for approximately 15 minutes. All three had classic symptoms of exposure from nausea, vomiting and burns, to hair loss, swelling and diarrhea. Their health issues were immediate, starting only a few hours after the sighting.

Keep in mind it was Dr. McClelland who also stated an inside source informed him this UFO was an experimental nuclear craft called the WASP II.
---

ソース: http://www.examiner.com/article/is-the-cash-landrum-ufo-incident-solved

(2013.07.19)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR