FC2ブログ

マスメディアが銃所持者の詳細マップを公開

要旨(デタラメ):

・マスメディアの lohud.com が Web で銃を正規の手続きを踏んで保有している人の詳細な地図を公表した。Google map の該当地域に存在する銃を保有する人の住所、氏名を貼りつけたのだ。

20121228_mapguns.jpg
 (銃所持者の地図上での表示例)

・これはまるで銃の所持者を性犯罪者と同列に扱い(コメント欄を参照)、銃所持者を貶める意図が透けて見える。マスメディアの短絡的な正義感を象徴する反応だ。

・この反応が短絡的正義感だという理由は、強盗犯人の立場になって考えれば明瞭だ。どの家には銃があり、どの家には銃がないのかネットで簡単にわかるから、強盗犯人はライフルなどで反撃されない強盗にとって「安全」な家がネットで確認できてしまう。

・つまりこのマスメディアの正義感のせいで、銃を持たない家は強盗の格好のターゲットとなる。


ソース:

http://www.shtfplan.com/headline-news/irony-if-you-are-on-this-list-you-may-be-in-grave-danger_12262012
http://www.infowars.com/legal-gun-owners-in-new-york-outed-like-sex-offenders/
http://www.lohud.com/apps/pbcs.dll/article?AID=2012312230056&gcheck=1



コメント:

・アメリカでは、ネットで近隣に住む性犯罪者の氏名、顔写真、住所、犯歴を調べることができる。詳細は "sex offender map" で検索。地域によっては他の州からのアクセスは拒否されるところもあるようだが、たいがいの場合、zip コードなどを入力すれば日本からアクセスしても性犯罪者の顔写真、犯歴、住所、氏名が表示される(確認済みw)。

・下の写真は興味深い。銃所持禁止派と銃所持賛成派の間の軋轢を見事に表現している。この家の道路に面した看板には次のように書かれている。

「隣の家(←)は銃所持禁止派だから、銃で武装していないよ。我が家では、隣家の主張を尊重して、隣家が襲われても、我が家の銃で彼らを守ることはしないと約束するよ」
20121228_gunlist-unarmed.jpeg

(2012.12.28)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR