1975年5月11日、千葉県:巨大なアダムスキー型 UFO の写真撮影

・日時:1975年5月11日 09:00(AM),13:50(同じ日に2度、異なったタイプの UFO を撮影)

・場所:千葉市大椎町、日生土気団地

・撮影者:Ryutaro Umehara(梅原龍太郎)

・木の葉が舞い落ちるように飛行していたという。
20121014_UFO-May-11-1975-Chiba-Japan.jpg

・英語だとどこも 3行程度の情報しかないが、日本語の詳しい記事が見つかった。

--- 以下、部分的に引用
千葉市土気…千葉の郊外にあるここ土気団地では毎日のようにUFOが目撃されるという。
このあたりに住む商店主や、主婦、そして小・中学生にいたるまで、UFOを目撃した人は多い。
なかでも熱心なのは、梅原君をはじめ千葉市立土気中学二年生のグループである。

昭和50年5月11日、午前9時頃。
梅原君は自宅の二階にある勉強部?屋で、いつものようになんとなく寝ころがって、ぼんやりと空を眺めていた。
すると突然、大きな黒い影が、視界を棟ぎった。
ハッとすると同時に、その影が再ガもどつて釆た。
アツ!UFOだ。
ものすごく大きい!!!。
UFOは右に左に飛びまわつている。
梅原君は、夢中でかたわらにあったカバンの中のカメラをとり出して次々にシャッターを切った。
20121014_ufo_jp.gif

同じ日の午後2時頃。
梅原君は、土気団地内にあるスーパーマーケットで買い物をした帰りに、再びUFOを発見した。
屋根の上を見えかくれしながら巨大なUFOが飛びまわっている。
「しまった」カメラに入っていたフィルムは、今朝UFOを撮って現像に出したばかりだ。
彼は、フィルムを買うためにスーパーマーケットへ走った。

持っていたお金では、モノクロのフィルムしか買えなかった。
おつりをもらうのももどかしく、彼は自宅へと必死に走った。
二階の勉強部屋へかけあがって見ると…「よかった′」まだUFOは飛んでいる。
ファインダーをのぞく暇もなく、肉眼でUFOを追いながら腰だめでシャッターを切りつづけた。
20121014_ufo2_jp.gif
--- http://kiyosegingateikoku.blog.so-net.ne.jp/2010-02-16


---
1975年5月11日午後1時50分頃、千葉市大椎町の日生土気団地に住む中学生・梅原龍太郎君が自宅の2 階からアダムスキー型円盤を撮影;木の葉運動を繰り返す;同日午前9時頃にもソンブレロ型円盤を撮影;多数の土気団地住人が円盤を目撃;理科クラブ天文班メンバーの円盤目撃;担任教師も目撃;
--- http://121.1.137.160/catalog/FMPro?-db=acat.fmj&-format=detail.htm&-lay=base&-recid=36028&-findall=

ソース:

http://www.ufoevidence.org/photographs/section/asia/photo119.htm

http://kiyosegingateikoku.blog.so-net.ne.jp/2010-02-16



コメント:
・同一人物が、同じ日に 2つの異なったタイプの UFO を撮影した、というケースは極めて珍しい。さらにアダムスキーの撮影した UFO は捏造だとされているので

  ・(A) この写真も捏造

 と見なされやすいのだが、

  ・(B) この写真は真正

 と仮定すると、歪曲仮説の出番か。

(2012.10.14)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR