Robert Hastings : Tim Cooper が MJ-12 と SOM 1-01 文書が捏造であることを証言したメール (+追加)

履歴


(2021-01-30) 機械翻訳を追加
(2020-07-07) 作成


(2021-01-30 begin)

前置


・DeepL による機械翻訳を追加。英文だけだと誰もこの貴重なメール文書を読まないし、DeepL にもかけない…という現実に譲歩。

・Robert Hasting が Linda Moulton Howe を強く批判するのは、彼女がこのような決定的な証言を無視し、この証言にたいして反論はおろか一片の言及すらしないという「調査志向のジャーナリスト(investigative journalist )」にあるまじき不誠実な態度にある。

(2021-01-30 end)

前置


・下の過去記事

  John Greenewald, Jr. : UFO 業界は MJ-12 文書は捏造だと認めるべき。なぜなら… (2020-07-02)

 の一次資料を探してきた。日本語が必要なら各自で機械翻訳を。

・Tim Cooper と MJ-12 の関連についての背景説明はネットに腐るほど溢れているので省略。

・この証言を得たのは著名な UFO 研究者の Robert Hastings で、私も彼を高く評価している 。

  Robert Hastings : 政府の仕掛けた罠を回避した例外的な UFO 研究者(途中:その1) (2015-03-14)

引用



原文展開

One day after “Operation Bird Droppings”, my latest article on the MJ-12 hoax was posted online, I received the following email from Timothy Cooper, a leading figure in the ongoing MJ-12 controversy. (One may google his name, combining it with MJ-12 and/or SOM 1-01 for some background information.)

In any case, much to my surprise, the once-pro MJ-12 Cooper has now disavowed all of the MJ-12 material, including the many “documents” anonymously sent to him.

Here is Cooper’s email to me. I have highlighted the key sentences:

----- Original Message -----
From: timxxxxxxxxxx@xxx.com
To: hastings444@worldnet.att.net
Sent: Friday, April 03, 2009 10:24 PM
Subject: Re: My new article on MJ-12 and Serpo

Read your posting and as one who was foolishly taken in by the MJ-12 fantasy (which is what it is) I heartedly agree with your assessment. My father was trained by the OSI in 1949 and held a UFO Program clearance at ADC headquarters from 1957 to 1963 that allowed him to read and duplicate the most sensitve [sic] UFO-related material and never once believed there was a secret cabal group operating by that name. Since ADC was the primary consumer of all military UFO sighting reports while LeMay was Chief of Staff it is unconceivable that government intelligence or the military for that matter as my dad would put it would deliberately hide or mislead senior ADC intelligence officers of an alien threat from the sky and, at the same time, send their intercept pilots into harms way without being briefed of the possible dangers. The MJ-12 documents, and I mean ALL of them (including SOM 1-01), are a hoax and those who promote them as reality know this[,] or should know this. I showed him a copy and he said it was disinformation for the Soviets as the CIA and AF routinely did these kind of things all the time to get the Russians to spend enormous sums of money to investigate this and other "paper" jobs. As regards Serpo... pure science fiction but good science fiction.

As a unwitting dupe in this charade (I must confess I was willing to be led into believeing [sic] it by Friedman and the Woods), I have since distanced myself and have ceased association with Collins after the book EXEMPT FROM DISCLOSURE (which, I might add, was poorly edited and had my name as co-author air brushed out at my insistence) was released. My only inclusion in the book amounted to Collins taking a speculative piece I wrote for the internet back in 1999 about James Jesus Angleton which he unilaterally edited into the book and was not a co-author in any real sense.

By the way[,] I have your book and found it precise and very informative. If my dad were still alive today he would have confirmed for you some of the incidents you cite but earlier incidents as early as 1963. He was always coy when the subject came up but his Special Citation upon his retirement reflected he knew what ADC was up against.

Thanks for the e-mail.

Tim Cooper

timxxxxxxxxxx@xxx.com





MJ-12のデマに関する私の最新記事である「鳥の落下物大作戦」がオンラインに掲載された翌日、現在進行中のMJ-12論争の第一人者であるティモシー・クーパーから次のようなメールを受け取った。彼の名前をMJ-12やSOM 1-01と組み合わせてググってみると、いくつかの背景情報が得られるかもしれない。

いずれにしても、私の驚くべきことに、かつてプロであったMJ-12のクーパーは今、匿名で彼に送られた多くの「文書」を含むMJ-12の全ての資料を否認している。

ここにクーパーの私へのメールがあります。私は重要な文章を強調した。

----- オリジナルメッセージ -----
From: timxxxxxxxxxx@xxx.com
宛先: hastings444@worldnet.att.net
送信者:2009年4月3日(金) 10:24 PM
Subject. Re. MJ-12とSerpoについての私の新しい記事

あなたの投稿を読んで、MJ-12のファンタジー(それが何であるか)に愚かにも取り込まれた一人として、私はあなたの評価に心から同意します。私の父は1949年にOSIによって訓練を受け、1957年から1963年までADC本部でUFOプログラムのクリアランスを持っていました。レメイが参謀長であった間、ADCは全ての軍のUFO目撃報告の主な消費者であったので、政府の諜報機関や軍が、父が言うように、空からの異星人の脅威を意図的に隠したり、誤解させたりして、同時に、彼らの迎撃パイロットを危険な道に送り込むとは考えられない。MJ-12文書、つまり全ての文書(SOM 1-01を含む)はデマであり、それらを現実として宣伝する者達はこれを知っているか、あるいは知っているべきだ。私は彼にコピーを見せたが、彼はそれがソビエトのための偽情報だと言った。CIAとAFが日常的にこの種のことをしていたので、ロシア人がこれと他の "紙の "仕事を調査するために莫大な金額を使うように、いつもそうしていたのだ。セルポに関しては...純粋なSFですが、良いSFです。

この茶番劇の知らず知らずのうちに騙されていた(正直に言うと、私はフリードマンとウッズによってそれを信じるように誘導されていたと思わざるを得ません)ので、『EXEMPT FROM DISCLOSURE』という本が発売された後、私は自分から距離を置き、コリンズとの関係を絶ちました(付け加えると、編集がお粗末で、私の主張で共著者としての私の名前が空気を帯びていました)。この本の中で私が唯一含まれているのは、コリンズが私が1999年にインターネットのために書いたジェームズ・ジーザス・アングルトンについての投機的な部分を取ることになったことで、彼は一方的に本に編集され、任意の本当の意味での共著者ではありませんでした。

ところで[,]私はあなたの本を持っていて、それは正確で非常に有益であることがわかりました。もし私の父が今も生きていたら、あなたが引用している事件のいくつかをあなたのために確認していたでしょうが、それよりも早くて1963年の事件も確認していたでしょう。父はその話題が出てくるといつも口を閉ざしていたが、引退した時の彼の特別賞は、ADCが何に直面しているかを知っていたことを反映していた。

電子メールをありがとう。

ティム・クーパー

timxxxxxxxxxx@xxx.com













原文展開

-----Original Message-----
From: Robert Hastings
To: timxxxxxxxxxx@xxx.com
Sent: Thu, 2 Apr 2009 5:33 pm
Subject: My new article on MJ-12 and Serpo
The attached article has just been posted at:

www.theufochronicles.com



After receiving this message, I responded to Cooper:
From: Robert Hastings
To: timxxxxxxxxxx@xxx.com
Sent: Friday, April 03, 2009 11:03 PM
Subject: Re: My new article on MJ-12 and Serpo
Tim,

Thanks for the very informative email. To my knowledge, you have not publicly broken with Doty and Collins and the idea of MJ-12 as something real, or did I miss something?

If you have posted online or emailed information such as you just did to me, please send it my way. I would like to read it.

May I forward your email to Collins and others? I am going to be on the radio next week, on two different shows, debunking MJ-12. Care to join me?

Robert


Despite a follow-up email to Cooper, in which I asked him whether he had received this message, he never responded. I consider this to be an unfortunate response (or non-response) given that Cooper’s highly-publicized involvement with, and advocacy for, the MJ-12 material over the years has further confused the issue relating to the supposed legitimacy of the group MJ-12, and has served to fuel the fires of controversy on this topic. If he has now repudiated his earlier position it is essential for him to publicize that fact far and wide. A single email to one researcher (me) is simply insufficient. I gave Cooper an opportunity to participate in a series of upcoming radio interviews, in which I will be discussing my new MJ-12 expose, but he has apparently declined.

In any case, someone had to enter this important development in the public record, so I have. Further updates relating to my article will be issued as warranted.




より。ロバート・ヘイスティングス
宛先: timxxxxxxxxxx@xxx.com
送信者:2009年4月2日(木) 5:33 pm
お題。MJ-12とセルポに関する私の新しい記事
先ほど添付の記事が掲載されました。

www.theufochronicles.com



このメッセージを受けて、クーパーさんに返信しました。
From. ロバート・ヘイスティングス
宛先: timxxxxxxxxxx@xxx.com
送信者:2009年4月3日(金) 11:03 PM
Subject. Re. MJ-12とSerpoについての私の新しい記事
ティム

非常に有益なメールをありがとうございます。私の知る限りでは、あなたはドティとコリンズとMJ-12の考えを何か現実のものとして公に論破していない、あるいは私が何かを見落としていたのでしょうか?

もしあなたが今私にしたような情報をオンラインで投稿したり、メールで送ったりしたのであれば、ぜひ私の方に送ってください。私はそれを読みたいと思います。

コリンズさん達にメールを転送してもよろしいでしょうか?私は来週ラジオに出る予定です、二つの異なる番組で、MJ-12を論破します。私に参加してくれませんか?

ロバート


クーパーにこのメッセージを受け取ったかどうかを尋ねたフォローアップメールにもかかわらず、彼は返事をしなかった。私は、クーパーのMJ-12への非常に宣伝された関与、そして長年にわたるMJ-12の資料への擁護が、グループMJ-12の正当性に関連した問題をさらに混乱させ、このトピックに関する論争の火種を煽るのに役立ってきたことを考えると、これは不幸な応答(あるいは応答しない)だと考えます。もし彼が今、以前の立場を否定したのであれば、その事実を広く公表することが不可欠である。一人の研究者(私)へのメールだけでは不十分です。私はクーパーに、私の新しいMJ-12の暴露について話す予定の一連のラジオインタビューに参加する機会を与えたが、どうやら彼は拒否したようだ。

いずれにしても、誰かがこの重要な発展を公の記録に残さなければならなかったので、私はそうした。私の記事に関連した更なる更新は、必要に応じて発行されるだろう。



出典


Operation Bird Droppings - https://www.theufochronicles.com/2009/04/update-1-operation-bird-droppings.html

(2020-07-07)
(2021-01-30)
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR