FC2ブログ

Kevin Randle : Philip Klass の下劣な振る舞い

前置


・ひとつ前の記事に関連。

一部引用


A while back we discussed Phil Klass’ habit of writing to the employers of those who thought they had seen a UFO, or who investigated them, or just disagreed with him. He seemed outraged that there were people who didn’t accept everything he said, and took great offense at that. He would express his disappointment with those by creating a little trouble for them.

A few skeptics who visit here thought I was being overly harsh and a little unfair to Klass. They thought several examples were needed. But even with some acts I thought were over the top, those skeptics thought Klass had done nothing wrong. With Klass it seems to have been an on-going thing.

...


The point is that Klass did carry about a campaign against those with whom he disagreed. I know that I don’t attempt to suppress the opinions and beliefs of the skeptics who visit here (except when the insults become too personal) and welcome, for the most part, their view of the issues. But for a few, such as Klass, it wasn’t enough that he had what he believed to be the ultimate truth; everyone had to agree with that truth as well.

ref: A Different Perspective: Philip Klass and the FBI - http://kevinrandle.blogspot.com/2012/12/philip-klass-and-fbi.html


DeepL



少し前に、UFOを見たと思った人、調査した人、あるいは彼に同意しない人の雇用主に手紙を書くフィル・クラスの習慣について議論しました。彼は、彼の言うことを全て受け入れない人がいることに憤慨しているようで、それに大きな怒りを感じていました。その人たちに少しでも迷惑をかけることで、その人たちに失望感を示すのだ。

ここを訪れる何人かの懐疑論者たちは、私がクラウスに厳しくしすぎて、少し不公平だと思っていました。彼らはいくつかの例が必要だと考えた。しかし、私が大げさだと思った行為があったとしても、懐疑論者たちはクラスは何も悪いことをしていないと思っていました。クラスについては、それは継続的なものだったように思います。

...

重要なのは、クラスは自分と意見が合わない人に対してキャンペーンを行っていたということです。私はここを訪れる懐疑論者の意見や信念を抑圧しようとはしていないことを知っています(侮辱があまりにも個人的なものになる場合を除いて)し、問題に対する彼らの見解を大部分は歓迎します。しかし、クラスのような少数の人にとっては、彼が究極の真実だと信じているものを持っているだけでは十分ではなく、誰もがその真実に同意しなければなりませんでした。


(2020-08-15)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR