FC2ブログ

精神世界信者の「我々は人生を計画し、同意した上で生まれる」説は完全に矛盾している。

前置


・精神世界信者の「我々は人生を計画し、同意した上で生まれる」説(以下、「誕生前人生選択説」と略す)とは、

  ・(a) 我々は、生まれる前に何を行うかを予め計画し、
  ・(b) その計画した人生を実体験することに同意している。

 という主張で、過去記事(*1)で詳しく取り上げた。

・この「誕生前人生選択説」は精神世界に広く蔓延っているが、この説は完全に矛盾している。なぜか、この明白な矛盾を誰も指摘していないようだ。「誕生前人生選択説」の抱える矛盾に気づき呆れても、わざわざその矛盾を指摘するような親切な暇人はいないらしい。

・私は暇でも親切でもないが、「誕生前人生選択説」が垂れ流す害悪は座視できないのでその矛盾を説明しておく(こんな無名 Blog で説明しても無駄な事は百も承知だが…)。

具体例


・どこが矛盾なのかを理屈めいた抽象論や一般論でグダグダと説明するより、具体例で示した方が手早いと思うので、まずは具体例を述べる。


(例 1) 若い女(W)が、年上の男(M)と恋仲になり、赤子(B)が生まれた。M は W を見捨てて逃げ去った。W は B を山に放置して見殺しにした。

(例 2) Curtis LeMay(カーチス・ルメイ)少将は東京大空襲を指揮し、10万人以上を殺害した。

(例 3) Harry Truman(ハリー・トルーマン)大統領は広島と長崎への原爆投下を命令し、数十万人を殺害した。


矛盾


・上の具体例には「誕生前人生選択説」の次のような あからさまな矛盾 が露呈している。






(*1)


  Grant Cameron : 我々は人生を計画し、同意した上で生まれてくるのだ。 (途中:その2) (2020-08-12)

(2020-08-13)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR