FC2ブログ

1994年10月、スロバキア:洞窟の奥に、6000年前の UFO らしき金属物体

前置


・下の過去記事の事件に関連。

  Ted Phillips:山中の洞窟に ET の宇宙船?が埋まっている (途中:その2) (2018-01-05)

  1994年10月、スロバキア:洞窟の奥に、6000年前の UFO らしき金属物体が埋まっていた (途中:その1) (2017-06-10)

・Brent Swancer の記事。

要旨


・既に何度も探検がなされたが、この洞窟の発見には全て失敗したと。

一部引用



The Mysterious UFO Moon Cave of Slovakia

...

One of the problems with going in to actually check out if any of it was true or not is that the political climate in the former Czechoslovakia was not exactly conducive to exploration expeditions, and the area was considered mostly off-limits. In the meantime, Horak, who had since emigrated from Czechoslovakia to the United States, was interviewed by numerous researchers and even Dr. J. Allen Hynek, of Project Blue Book fame. However, it would not be until by Czech explorers Ivan Mackerle and Michal Brumlik ventured into the region in 1980 that any actual follow up field work would be done on the matter. Other expeditions would trickle in, but none of them were able to locate the mysterious cave. One of the main problems is that Horak’s diary is very vague about the actual location, merely mentioning that it is in the Tatra Mountains and in the vicinity of the villages of ?diar, Luboch?a and Plave?, but considering the sprawling, isolated wilderness of the region that could be anywhere. To this day there are occasional claims that the cave has been found, but no proof offered, leaving us to speculate about what it could all mean.

ref: The Mysterious UFO Moon Cave of Slovakia | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2020/08/the-mysterious-ufo-moon-cave-of-slovakia/


DeepL



スロバキアの神秘的なUFO月の洞窟

...

それらが本当かどうかを実際に調べに行くことの問題の一つは、旧チェコスロバキアの政治情勢が探検のために正確に助長するものではなく、その地域はほとんど立入禁止と考えられていたということである。その間、チェコスロバキアからアメリカに移住してきたホルテックは、多くの研究者やプロジェクト・ブルーブックで有名なJ・アレン・ハイネック博士にインタビューを受けました。しかし、1980年にチェコの探検家イヴァン・マッカーレとミハエル・ブルムルテュックがこの地域に進出するまでは、この問題に関する実際の追跡調査は行われませんでした。他の探検隊が続々と現れましたが、どれも神秘的な洞窟を見つけることができませんでした。主な問題の一つは、ホルテ。ホルテ日記が実際の場所について非常に曖昧で、タトラ山脈の中にあり、ナスディアール、ルボチ・ナ・プラベト・の村の近くにあることに言及しているだけで、この地域の広大で孤立した荒野を考えると、どこにでもあるかもしれないということです。今日に至るまで、洞窟が発見されたという主張は時折ありますが、証拠はなく、それが何を意味しているのかは推測の域を出ません。



コメント


・既に過去記事の細部を忘却しているが、雑な推測を試みた。それが下。

・この洞窟の奥には幻覚性のカビの類(or ガス)が満ちていたのではないか? その影響で彼は洞窟の奥に金属の壁を見たのではなかろうか。

・この憶測の根拠となりうる材料がひとつある。洞窟に匿ってくれた村人が、幽霊がでるから洞窟の奥には行かぬようにと忠告してくれた…といかいう話がソレ。彼はこの話を信用せず、洞窟の奥に向かった。だが、実際に村人たちも洞窟の奥で幻覚による幽霊を見ていたとすれば、一応の辻褄は合う。

(2020-08-09)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR