FC2ブログ

Linda Moulton Howe/TTSA の主張する UFO の金属破片の正体はコレだ。(途中:その1)

前置


・ひとつ前の記事に関連。

・John Greenewald, Jr. の発言にあった malachite という言葉で検索して見つかった一年前の記事が下。DeepL の機械翻訳で十分理解できる。

・ソース記事には大量の画像があるが、その画像の引用は手間なので…

関連の過去記事







一部引用




Betterton-Kroll process, method widely used for removing bismuth from lead by adding calcium and magnesium to a molten lead-bismuth bath. Compounds are formed with bismuth that have higher melting points and lower densities than lead and thus can be separated as a solid dross. Bismuth may then be recovered from the calcium and magnesium by treatment with chlorine. The method, developed for the American Smelting and Refining Company in the 1930s, is sometimes called the Asarco process.




After seeing closeups of the layers, and more material from the collection received by Linda Howe, I strongly believe the layered material is non substrate overspray accumulation deposit from high purity Bismuth (routinely available as a sputtering target) and high purity Magnesium/Zinc targets (typically available as a 99/1% Sputtering target) from a Magnetron Sputtering Chamber using Argon Plasma as the Sputtering Ion. Since Zn sputters at a higher rate than magnesium you will typically see it deposit at 97/3% from a 99/1% source, which is exact what we find to be its composition. The chamber targets are typically 2 inches in diameter with a machine finish. In Linda’s 3 part presentation on YouTube, we see an 2 inch Sputtering target in the collection she received, providing further proof of this origin. The complete layers would take about 125 to 150 hours to deposit. Typically the chambers aren’t cleaned often allowing this accidental accumulation on the inside machine rough surfaces within the same chamber which account for its undulating growth as a slag waste material over time. I would look for subtle oxidation surfaces within the layers to determine how often the chamber was possibly opened and exposed to air during substrate part change-outs. The actual substrate or part being coated is unknown, but patent searches reveal many possibilities for seeing these metals in close association with one another as part of more complete processes.


ref: A Potential Solution to the Mystery of the "Alien" Metal Promoted by "To the Stars" - Jason Colavito - http://www.jasoncolavito.com/blog/a-potential-solution-to-the-mystery-of-the-alien-metal-promoted-by-to-the-stars#



DeepL



ベクトン・クロール法は、溶融した鉛-ビスマス浴にカルシウムとマグネシウムを添加して、鉛からビスマスを除去するために広く用いられている方法です。鉛よりも融点が高く、密度の低いビスマスとの化合物が形成され、固体ドロスとして分離することができます。その後、塩素で処理することにより、カルシウムとマグネシウムからビスマスを回収することができます。1930年代にアメリカの製錬精錬会社のために開発されたこの方法は、アサルコプロセスと呼ばれることもあります。



層のクローズアップを見た後、そしてリンダ・ハウが受け取ったコレクションからのより多くの材料を見た後、私は、層状の材料が、アルゴンプラズマをスパッタリングイオンとして使用するマグネトロンスパッタリングチャンバーからの高純度ビスマス(スパッタリングターゲットとして日常的に入手可能)と高純度マグネシウム/亜鉛ターゲット(通常99/1%スパッタリングターゲットとして入手可能)からの非基板オーバースプレー蓄積堆積物であると強く確信しています。Znがマグネシウムより高い率でスパッタリングするので、通常99/1%のソースから97/3%で堆積するのを見ることができますが、これは私たちがその組成であることを見つけるものと同じです。チャンバーのターゲットは、通常、機械仕上げの直径2インチです。YouTubeのリンダの3つのパートのプレゼンテーションでは、彼女が受け取ったコレクションの中の2インチのスパッタリングターゲットを見て、この起源の更なる証拠を提供しています。完全な層は、堆積するのに約125時間から150時間かかるでしょう。一般的に、チャンバーは頻繁に清掃されていないので、同じチャンバー内の機械の荒れた表面に偶発的に蓄積され、時間の経過とともにスラグ廃棄物としてその起伏のある成長を説明することができます。私は、基板部品の交換時にチャンバーがどのくらいの頻度で開放され、空気にさらされていたかを判断するために、層内の微妙な酸化面を探します。実際の基板やコーティングされている部品は不明ですが、特許検索では、より完全なプロセスの一部として、これらの金属を互いに密接に関連させて見るための多くの可能性を明らかにしています。


(2020-08-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR