FC2ブログ

Eric Davis 博士が 国防総省や上院軍事委員会、上院情報委員会で回収した UFO 金属破片について説明した。

一部引用



Eric W. Davis, an astrophysicist who worked as a subcontractor and then a consultant for the Pentagon U.F.O. program since 2007, said that, in some cases, examination of the materials had so far failed to determine their source and led him to conclude, “We couldn’t make it ourselves.”

The constraints on discussing classified programs ? and the ambiguity of information cited in unclassified slides from the briefings ? have put officials who have studied U.F.O.s in the position of stating their views without presenting any hard evidence.

Mr. Davis, who now works for Aerospace Corporation, a defense contractor, said he gave a classified briefing to a Defense Department agency as recently as March about retrievals from “off-world vehicles not made on this earth.”

Mr. Davis said he also gave classified briefings on retrievals of unexplained objects to staff members of the Senate Armed Services Committee on Oct. 21, 2019, and to staff members of the Senate Intelligence Committee two days later.

ref: Pentagon to Make UFO Information Public | Educating Humanity - http://www.educatinghumanity.com/2020/07/pentagon-to-make-ufo-information-public.html



DeepL



2007年から国防総省のU.F.O.プログラムの下請けとして、そしてコンサルタントとして働いてきた宇宙物理学者のエリック・W・デイビス氏は、いくつかのケースでは、資料を調査しても出所を特定できず、「自分たちでは作れなかった」という結論に至ったと述べています。

機密プログラムを議論するという制約と、ブリーフィングの未公開スライドに引用された情報の曖昧さは、U.F.O.S.を研究してきた当局者を、確固たる証拠を提示せずに自分たちの見解を述べる立場に追い込んでいる。

現在は国防請負業者のエアロスペース・コーポレーションに勤務するデイビス氏によると、最近では3月に国防総省の機関に対して、「地球上では作られていない異世界の乗り物」からの回収についての極秘のブリーフィングを行ったという。

デイビス氏はまた、2019年10月21日には上院軍事委員会のスタッフに、その2日後には上院情報委員会のスタッフに、原因不明の物体の回収に関する機密ブリーフィングを行ったと述べています。


(2020-07-30)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR