FC2ブログ

神が存在してもこの世界から悪や悲劇が消えない理由 (途中:その2)

履歴


(2020-07-25) 追加
(2020-06-26) 作成


前置


・…を思いついた。大した内容ではないが忘れない内に記録しておく。たぶん、誰かが同じようなことを思いついて述べている筈。

背景


Richard Carrier 博士 : 神は存在しない。それは 2300年前に論証されている。 (2018-11-25)

関連


神はどこにいるのか?

神が存在するのならば、神は私に許しを請わねばならない (2013-05-20)

田川建三の「存在しない神」に対する恨みと未練 (2018-08-26)

田川建三:「真のクリスチャンは神を信じない」。なぜなら神は偶像であり、実在しないゆえに。 (途中:その1) (2018-08-10)


メモ:キリスト教における「邪悪な存在」と神 (2012-02-01)

田川 建三 : イエスが抱えていた人間的ゆがみ、屈折、愚かさ。 私:イエスの最後の言葉はこうあるべきだった。 (2019-07-24)

エピクロスのパラドクス



He is famous also for the Epicurean paradox:

Is god willing to stop evil, but unable? Then he is not omnipotent.
Is he able but not willing? Then he is evil.
Is he willing and able? Then why is there evil?
Is he unable and unwilling? Then why is he god?

ref: https://www.reddit.com/r/philosophy/comments/2hippw/epicurus/


エピクロスのパラドクスはこうすれば解ける








(2020-06-26)




(以下、2020-07-25 追加分)

前置


・上のパラドクスを述べたエピクロスも、


「神が邪悪を廃することを欲しないか、廃することができないか、どちらかである。もし彼がそれを欲しないのであれば、神は善ではない。もし彼がそれをなし得ないのであれば、神は全能ではない。」
 ref: メモ:キリスト教における「邪悪な存在」と神 (2012-02-01)

 と述べたアウグスティヌスも、

 神が存在するのならば、神は私に許しを請わねばならない (2013-05-20)

 と彫った囚人のユダヤ人も、

 神はどこにいるのか?

 と問い、皮肉な答えをぶつけた Elie Wiesel も、

 田川建三の「存在しない神」に対する恨みと未練 (2018-08-26)

 の田川建三も、みな勘違いをしている。彼らは皆、(全能にして善なる神がいるのならば)

  「神は我々人間を放置しない筈だ。人間の苦境や苦難救ってくれる筈だ」(GSU)

 という神に対する強烈な依存と未練を抱いている。この GSU は幼児が母親に抱く心情を成人後も神に投影したものだから、根深い。

・だが、全能にして善なる神がいても GSU は成立しない。つまり、全能にして善なる神は人間を救わない。その理由は単純。それを理解するのに、難解な神学や禅問答めいた精神世界の戯言などは不要。常識で足りる。

・問題は全能という言葉。この全能という言葉が落とし穴。その落とし穴ゆえにパラドクスと見なされてきた。だが、以下のように無限集合論のアナロジーによって落とし穴が回避できる。

万能にして善なる神が人間を救済しないわけ










蛇足


・この問題に絡めて田川の
田川建三:「真のクリスチャンは神を信じない」。なぜなら神は偶像であり、実在しないゆえに。 (途中:その1) (2018-08-10)
 という主張を考えると…


(2020-07-25)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR