FC2ブログ

John Rubino : EU の大規模な武漢肺炎救済策は、ユーロが 10年後には消え去る運命を決定づけた。

前置


・John Rubino の記事。

・DeepL の機械翻訳はおかしな箇所もあるが、大意は掴める。

一部引用



This week’s EU announcement of a massive coronavirus bailout ? featuring the first-ever “common” bond issuance ? marks the birth of this new integrated Europe, in which all future debt is defacto German rather than French, Greek, etc.

It also marks the end of any hope that the euro will survive the next decade. Think about it: Italy, Greece, Portugal and the rest no longer have any need to control their spending and borrowing, since Germany is officially on the hook for the EU’s future interest payments.

...

And somewhere along the road to total integration, the European project will be revealed as futile because no form of government, centralized or decentralized, dictatorship or democracy, can survive with this much debt. Each successive EU summit will be more contentious and the results less believable until everyone simply gives up, goes back to their original currencies (after massive devaluations), and tries to forget that they ever viewed integration as a cure for socialism.

ref: Europe Bails Out Its Failed States with Common (i.e., German) Bonds - DollarCollapse.com - https://www.dollarcollapse.com/europe-bails-out-failed-states-common-bonds/


DeepL



今週のEUによる大規模なコロナウイルス救済策の発表は、史上初の「共通の」債券発行を特徴とするもので、将来のすべての債務がフランスやギリシャなどではなく、事実上のドイツ債であるという、この新しい統合されたヨーロッパの誕生を意味する。

それはまた、ユーロが今後10年間生き延びるという希望の終焉を意味する。それについて考えてみてください。イタリア、ギリシャ、ポルトガル、その他の国は、ドイツがEUの将来の利払いのために公式にフックに乗っているので、もはや支出や借金をコントロールする必要はありません。

...

そして、完全統合への道のりのどこかで、欧州のプロジェクトは無益であることが明らかになるだろう。中央集権型であれ地方分権型であれ、独裁政権であれ民主主義であれ、これだけの負債を抱えたままではどのような政府形態も生き残れないからだ。EU首脳会議を重ねるごとに論争は激化し、結果は信憑性を失っていくだろう。誰もが単にあきらめて(大規模な切り下げの後に)元の通貨に戻り、統合を社会主義の治療法だと考えたことを忘れようとするまでは。


(2020-07-22)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR