FC2ブログ

釈尊はたぶん解脱しなかった。 (途中:その1)

前置


・タイトルの件は以前から考えていたものだが、誰もこのような説を述べていないと思うので文章にしておく。

・なお、このような説を主張するが、私自身は釈尊を深く尊崇している。

主題


・仏教思想の要は四諦。よって四諦を「正面から」否定できる仏教徒は大乗だろうが密教だろうが存在しない筈。その四諦は輪廻の実在を前提としている。そして、その輪廻が続く仕組みと、その仕組みを終わらせる原理と具体的方法を四諦は説いている。

・その四諦を説いた釈尊は、四諦を悟ったことで自身が解脱した(=輪廻を終了させた)と主張している。

・さて…。輪廻が存在し、釈尊の説いた四諦が正しかったと仮定したとき「釈尊は解脱しなかった」可能性がかなり高いことが経典の記録に基づいて導き出せる。

・釈尊が解脱しなかったとすると、以後の全ての仏教宗派の教祖やその修行者、僧も解脱していないことになる。つまり、全ての仏教の目指す究極の目的も瓦解していたことになる。

説明








(2020-07-21)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR