FC2ブログ

2012-05, London : 車の前方、至近距離で 10cm サイズの UFO がピッタリ同伴

前置


・DeepL の機械翻訳はあちこちかなり変だが、大意は掴める筈。

抜粋(デタラメ)


・回転翼のある超小型 UFO で羽はほぼ毎秒 1回転していた。

・UFO は車に同伴し、しかも完全に同じ相対的位置を保っていた。

コメント


・毎秒 1回転程度では走行する車に同伴して浮遊は無理。それなのに、contra-rotating propellers という無駄な凝りよう…w

引用



20200720_ltl_ufo.jpg


Gone_Gary_T
3 points

1 year ago
Excuse, please, my poor sketch.

Now here's a little mind-bender. In May 2012, shortly before the Olympics in London, I was riding down a London back-street on the way to visit my Father - and I was running late and fretting about it. This street was in a dreadful state, rutted and pot-holed, and had street-wide speed-humps about a metre wide all of its length (the whole thing has since been refurbed). Consequently my max speed was about 15 mph and I'd throttle off before each speed-hump, taking them at about 10 mph. I had just slowed for the penultimate hump when, in my upper peripheral vision, what I first took to be a large black flying beetle seemed to be flapping about.

I looked up and on a plane maybe a few inches above my furthest reach was this strange object composed of two 4-bladed contra-rotating propellers. Matte-black throughout, seamless, unmarked, with petal blades which were in flat configuration, i.e. not pitched; the blades were also not aerofoil in any way. The blades were rotating at the speed of a large ceiling fan. It was just there, moving neither up nor down, nor side to side, just fixed in the air above me, as if bolted or cemented to the air itself.

I rode almost directly beneath this object, the speed-hump lifting me closer... and kept on riding, one stream of thought saying "I'm late", another saying "well, it didn't know what I was thinking because I wasn't thinking of anything!" (a very strange reaction), and all else was on autopilot.

I just put it to the back of my mind with ideas that it was a new toy, or a new surveillance gadget for the Olympics, or something.... When I got home that evening, I started researching and contemplating what I saw. As you might expect nothing comparable could be found, anywhere on the Internet, 30 pages into Google yadda yadda. Nothing even close. And then it started to dawn on me that there had been no visible propulsion system. And that the blades were not in fact going to generate any lift. And they were spinning waaaay to slow anyway. So it couldn't actually fly.

Weather was bright but cloudy, a little bit of haze, no wind to speak of. There was a tree adjacent but no overhang that far into the road. The object had absolutely no visible support yet was rock steady. Probably noiseless, but my engine is quite noisy, so I couldn't really tell.

Theories: (1) Hologram? The shadows were correct and there was no indication of laser activity of any sort - anyway, this is a quiet residential street. (2) Bleed-through from an adjacent universe? My favourite.

Weird shit.




level 1
Gone_Gary_T
2 points

1 year ago
I should add that this occasionally bugs me enough to want to try (a) hypnotic regression, to get more data, and/or (b) set it as a RV target and see if the remote viewers come up with anything.

ref: The littlest UFO : UFOs - https://www.reddit.com/r/UFOs/comments/9r05bp/the_littlest_ufo/


DeepL



さて、ここでちょっとしたヒントがあります。2012年5月、ロンドンでオリンピックが開催される少し前のことですが、父に会いに行く途中、ロンドンの裏通りを走っていたのですが、私は遅れて走っていて、そのことで頭を悩ませていました。この通りはひどい状態で、わだちとポットホールがあり、全長に渡って幅1メートルほどのスピードバンプがありました(その後、全体が改修されました)。その結果、私の最高速度は約15マイル(時速15マイル)で、各スピードハンブの前にはスロットルをオフにして、約10マイル(時速10マイル)でスピードを出していました。最後のコブのためにスピードを落としたところで、上の方の周辺視界に、最初は大きな黒くて飛んでいるカブトムシだと思ったものが、バタバタしているように見えた。

見上げてみると、私の最も遠くの数インチ上の飛行機の上に、2枚の4枚羽根のコントラ回転プロペラで構成されたこの奇妙な物体がありました。全体的につや消しの黒で、継ぎ目のない、無印の、フラットな構成の花びらの羽根を持っていた。羽根は大型のシーリングファンのようなスピードで回転している。それはただそこにあり、上下にも左右にも動かず、まるで空気そのものにボルトで固定されているか、セメントで固められているかのように、私の頭上の空中に固定されていました。

私はこの物体のほぼ真下に乗り、スピードハンプが私に近づきました...そして走り続けました、ある思考の流れは「遅刻だ」と言い、別の思考の流れは「まあ、私が何も考えていなかったので、私が何を考えているかわからなかった!」と言いました(非常に奇妙な反応)。(非常に奇妙な反応)それ以外はすべて自動操縦だった。

新しいおもちゃだとか、オリンピック用の新しい監視ガジェットだとか、何かのアイデアで後回しにしていたのですが...。その日の夕方、家に帰ってから、私は研究し、私が見たものを熟考し始めました。あなたが期待するかもしれないように、何も同等のものは、インターネット上のどこにでも、Googleのyadda yadda yaddaに30ページを見つけることができませんでした。それに近いものは何もありませんでした。そして、それは目に見える推進システムがなかったことに気付き始めました。羽根は実際には揚力を発生させるつもりはなかった とにかく回転が遅かった だから実際に飛ぶことはできなかった。

天気は明るいが曇っていて、少し靄がかかっていて、風はない。隣接する木がありましたが、道路への張り出しはありませんでした。物体は全く目に見えて支えがないが、岩のように安定していた。おそらく音はしていないのだろうが、私のエンジンはかなりうるさいので、よくわからない。

セオリーです。(1)ホログラム?影は正しかったし、レーザーの気配もなかった--いずれにしても、ここは閑静な住宅街である。(2) 隣の宇宙からのブリードスルー?私のお気に入り。

奇妙なクソだ。


(2020-07-20)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR