Terence McKenna は目撃した UFO の真偽判断を変えていた(真→偽)(+追加2)

履歴


(2020-07-16) 追加、見出し書式変更。
(2014.04.28) Terence McKenna の UFO に関する講演動画を追加
(2012.06.18) 作成


Terence McKenna の UFO 目撃体験とその解釈の遷移


・以下、参考資料。

・例えば下の記事。Terence McKenna がアマゾンで目撃した UFO のことがよく整理されて書かれている。

  ・雲が Adamski 型円盤に変化して近づいてきた。

  ・その UFO の表面のリベットまでハッキリと見えていた。

  ・本物の UFO ではない、と理解していた、などなど。


It was in the Amazon jungle of Brazil, where he, his brother Dennis, and a number of other associates had gone to study shamanic uses of hallucinogenic plants. It was there, in the mid-1960s, that McKenna made his first acquaintance with psilocybin. At that time, he says, he was a hard-nosed scientific reductionist intellectual. The drug experience, and many other things about his time in the jungle, thoroughly boggled his western-educated mind. His UFO sighting was a particularly impressive incident.

On the advice of a local contact, he sat down one day to watch a portion of the sky where, reportedly, a UFO might appear. After awhile, he noticed a strange, thin, horizontal cloud forming near the horizon. The cloud grew in length, then divided in two. The parts separated some distance, then moved back together again. Then the cloud appeared to move slowly toward him. McKenna wanted to rush to the nearby hut and wake his sleeping friends to come and see, but he was afraid to take his eyes off the moving cloud -- so he sat staring as it moved closer. Before long, he says, it was directly overhead, now clearly a flying saucer and so close he could see rivets in the metal. There was just one thing wrong. "I recognized this thing," he says."It looked like the end cap of a Hoover vacuum cleaner, exactly the same fake saucer as in George Adamski's photos. This thing flew right over my head, and it was as phoney as a three dollar bill. I knew it was a fake."

ref: http://deoxy.org/t_swiss.htm



DeepL(2020-07-16 追加)



ブラジルのアマゾンのジャングルで、マッケナと弟のデニス、そして他の多くの仲間が、幻覚作用のある植物のシャーマニックな使い方を研究するために行った。マッケナが初めてサイロシビンを知ったのは1960年代半ばのことだった。当時、彼は科学的還元主義の強硬派の知識人だったという。薬物体験をはじめ、ジャングルでの様々なことが、西洋の教育を受けた彼の心を徹底的に惑わせたのである。特に印象的だったのは、彼のUFO目撃事件である。

地元の人に勧められて、ある日彼は座ってUFOが現れそうな空の一部を見ていた。しばらくして、彼は地平線の近くに奇妙な薄い水平の雲が形成されているのに気づいた。雲は大きくなり、2つに分かれた。雲は大きくなり、2つに分かれ、少し離れたところで、また一緒に移動した。そして、雲はゆっくりと彼の方へ向かってくるように見えた。マッケナは近くの小屋に急いで行って、寝ている友人たちを起こして見に来てもらおうと思ったが、動く雲から目を離すのが怖くて、雲が近づいてくるのをじっと見つめていた。やがて、彼によると、それは真上にあり、今では明らかに空飛ぶ円盤であり、金属のリベットを見ることができるほど近くにあった。ただ一つだけ間違っていたことがあった。"フーバーの掃除機のエンドキャップのようなもので、ジョージ・アダムスキーの写真に写っていたのと全く同じ偽の円盤のようでした。これは私の頭上を飛んできて、3ドル札のような偽物でした。"偽物だとわかった"


・上の Web の記事はうまく要約されているためか、他の Web 記事によく引用されている。たとえば

  http://drfong.blogspot.jp/2009/01/terence-mckennas-fake-flying-saucer.html
  http://ufocon.blogspot.jp/2011/09/adamskis-flying-saucer-and-heflins-ufo.html
  http://ufocon.blogspot.jp/2012/02/nick-redfern-on-george-adamski-occult.html


・ただし、

  ・本物の UFO ではない、と理解していた。

 という明確な認識は、次の記述のように、かなり後になってからのようだ。


McKenna stated later: “I recognized this thing. It looked like the end cap of a Hoover vacuum cleaner; exactly the same fake saucer as in George Adamski’s photos. This thing flew right over my head, and it was as phony as a three-dollar bill. I knew it was a fake.”

ref: http://ufocon.blogspot.jp/2012/02/nick-redfern-on-george-adamski-occult.html


・実際、その UFO 目撃体験を記述した彼の著書、

  "TRUE HALLUCINATIONS" 1993
 
 がネットにあったので当該箇所を調べても
    ・http://files.abovetopsecret.com/files/a4b6c61f00790954.pdf の 124頁あたりが該当箇所。

  ・本物の UFO ではない、と理解していた。
 という趣旨の記述はない。

  ・逆に次のように、幻覚であることを明確に否定する記述がなされている。否定の根拠は、自分は幻覚についてはよく知っている、あれは幻覚ではありえない…というもの。
   "What I saw that morning did not fall into any of the categories of hallucinated imagery I am familiar with."

20120618_adamski_ufo.png
  (上記の pdf から切り出し)

・つまり Terence McKenna は 1960年代中頃にアマゾンで UFO (Adamski 型円盤)を目撃し、著書に記載した 1993年ごろまでは、その UFO が幻覚ではない(= 偽物ではない)と主張していた。

・ところが、1993年から2000年に死去するまでの間に、その UFO は fake (偽物)だった、と意見を変えた。

・最終的に彼は次のように結論づけるに至った。彼が目撃した UFO は未知の知的存在がふざけて彼をからかうために捏造されたものだ、と。


"I recognised this thing. It looked like the end cap of a Hoover vacuum cleaner, exactly the same fake saucer as in George Adamski’s photos. This thing flew right over my head, and it was as phoney as a three dollar bill. I knew it was a fake."

The experience was so absurd that McKenna came to the conclusion that the non-human entities from the alien or psychic realm were having fun with him by appearing in the form most likely to confound his intellectual sensibilities.

ref: http://akf4ever.wordpress.com/tag/terence-mckenna/


DeepL(2020-07-16 追加)



"私はこれに気付いた フーバー掃除機のエンドキャップのように見えた ジョージ・アダムスキーの写真と全く同じ偽の受け皿だった 私の頭上を飛んできて、3ドル札のように偽物だった。偽物だと分かった」

この体験はあまりにも不条理だったので、マッケナは宇宙人や超能力者の領域から来た人間ではない存在が、彼の知的感覚を混乱させるような形で現れて、彼を楽しませているのではないかと考えるようになりました。


・従って Terence McKenna の UFO に関する晩年の見解は Jose Caravaca の歪曲仮説にかなり近いと言える。

(2012.06.18)




(以下、2014.04.28 追加分)

・1987年の講演の中で Jacques Vallee の UFO 仮説を話題に取り上げている(9:00ごろ)。


・1987年の講演動画
動画(42分)
・Terence McKenna Video Archive - #1: Shamanic Approaches to the UFO (1987)



・1993年にロサンジェルスで開催された UFO Expo での講演動画。
動画(20分):
・TERENCE MCKENNA - UFO: The Inside Outsider



(2014.04.28)





(以下、2020-07-16 追加分)

フラッシュ・バックによる幻覚だった可能性が高い


・Terence McKenna は、彼がアマゾンで UFO を目撃した時、幻覚薬物は摂取していなかったと主張している。それが事実だとしても、はやり幻覚だったという可能性がある。

・なぜなら、幻覚薬物の使用をやめていたとしてもフラッシュ・バックによる幻覚体験は珍しくないものだから。

・Wikipedia の記述によると…

フラッシュバック
LSDの使用をやめたにも拘らず、通常の生活において突然、LSD影響下で体験された感情や知覚が数秒から数分あるいは数時間蘇ることがある。質的にはLSDによるトリップと何ら変わることはなく、視覚や時間間隔の変容、身体症状、自我境界の喪失、強い感情体験が引き起こされる。これはフラッシュバックと呼ばれる現象である。

LSD使用者の2割がフラッシュバックを経験し、その内4割がフラッシュバックに恐怖を感じ、3割は多幸感を味わう[85]。

フラッシュバックは情緒的なストレス状況や自我の働きが変容している時、疲労やマリファナ等による酩酊状態、トリップ時と似た状況に対峙したときに起きやすい[86]。

フラッシュバックの有無や頻度、作用時間は様々であるが、一般的には時間とともに量も強さも減少し、数ヶ月も経てば滅多に起きなくなる[87]。

ref: LSD (薬物) - Wikipedia - https://ja.wikipedia.org/wiki/LSD_(%E8%96%AC%E7%89%A9)


(2020-07-16)
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR