FC2ブログ

James Rickards : アメリカで大都市からの大脱出が進行中。

前置


・James Rickards がわかりやすく解説している。

・DeepL でそこそこ意味が掴める。

出典


Rickards: Depression & The Great American Exodus | Zero Hedge - https://www.zerohedge.com/economics/rickards-depression-great-american-exodus

一部引用



The Great American Exodus
Due to a combination of COVID-19 spreading in densely populated areas, business failures, urban riots and failing mayors and police departments, Americans are migrating from the big cities to suburban and country areas by the millions.

American families are leaving dysfunctional cities such as New York City, Seattle and San Francisco and heading for Montana, Colorado, Maine and upstate New York in the Catskill Mountains among other safe havens.

Big cities have always offered a trade-off between higher taxes and urban stress in exchange for entertainment, great restaurants, museums and intellectual buzz.

Today the venues and buzz are gone, the crime rates are soaring and all that is left is the stress and taxes. So people are getting out.

Changes like this are not temporary. Once people move out, they don’t return ever. Their children may return someday but that could be 15 or 20 years away.

And those who leave tend to have the most capital and the most talent. This leaves the cities as empty shells populated by oligarchs with personal bodyguards and the poor, who have to deal with the street-level violence.

This shift can be helpful for individuals who move, but it’s devastating for the economics of major cities. And that’s devastating for the U.S. economy as a whole.

It’s one more reason we will be in depression for years even if the technical recession is over soon.




DeepL



アメリカ大出エジプト

COVID-19が人口密度の高い地域に蔓延していること、事業の失敗、都市部での暴動、市長や警察の失敗の組み合わせのために、アメリカ人は大都市から郊外や田舎の地域に数百万人単位で移住しています。

アメリカの家族はニューヨーク、シアトル、サンフランシスコなどの機能不全都市を離れ、モンタナ、コロラド、メイン州、ニューヨーク州北部のキャッツキル山脈などの安全な避難所に向かっている。

大都市は常に、高い税金と都市のストレスとのトレードオフを、エンターテイメント、素晴らしいレストラン、博物館、知的な話題と引き換えに提供してきました。

しかし、今日ではそのような場所や活気はなくなり、犯罪率は急上昇しており、残されたのはストレスと税金だけとなっています。だから人々は外に出ていく。

このような変化は一時的なものではありません。一度出て行った人は二度と戻ってこない。子供が戻ってくるかもしれませんが 15年か20年先かもしれません

そして、出て行った人たちは、最も資本と才能のある人が多い。そうなると、都市は空っぽの殻のようになり、個人的なボディーガードを持つ寡頭政治家や、ストリートレベルの暴力に対処しなければならない貧困層が住むようになる。

このシフトは移動する個人にとっては有益だが、大都市の経済にとっては壊滅的だ。そして、それは米国経済全体にとっても壊滅的です。

これは、たとえ技術的な不況がすぐに終わったとしても、我々が何年も不況に陥る理由の一つである。


(2020-07-09)
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

James Rickards : アメリカで大都市からの大脱出が進行中。

前置・James Rickards がわかりやすく解説している。・DeepL でそこそこ意味が掴める。出典Rickards: Depression & The Great American Exodus | Zero Hedge - https://www.zerohedge.com/economics/rickards-depression-great-american-exodus一部引...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR