FC2ブログ

Brian Dunning : Bill Moore の捏造に関する発言

一部引用



During his 1989 confession to the MUFON conference, Bill Moore said:

Disinformation is a strange and bizarre game. Those who play it are completely aware that an operation's success is dependent upon dropping false information upon a target or 'mark', in such a way that the person will accept it as truth and will repeat, and even defend it to others as if it were true... Once the information is believed, the work of counterintelligence is complete. They can simply withdraw in the confidence that the dirty work of spreading their poisonous seeds will be done by others.

And true to form, the MJ-12 documents are still promoted to this day by many of the UFO faithful. They were classic disinformation, false documents created to play a role in real national security. They were designed and written for specific marks who did with them exactly what they were meant to. They took advantage of well-meaning patriots who wanted enhanced national security, and who, by being easy to fool, ended up providing exactly that.

ref: The Secret History of Majestic 12 - https://skeptoid.com/episodes/4528


DeepL



1989年のMUFON会議での告白の中で、ビル・ムーアはこう言っています。

偽情報は奇妙で奇妙なゲームである。このゲームを行う者は、作戦の成功は、ターゲットや「マーク」に虚偽の情報を投下することにかかっていることを完全に認識しています。情報が信じられれば、防諜活動は完了です。彼らは、自分たちの毒の種を広めるという汚い仕事が他の人によって行われるという確信のもとに、単に撤退することができるのだ。

そして、MJ-12の文書は、UFOの信奉者の多くによって、今日に至るまでまだ宣伝されています。それらは古典的な偽情報であり、本当の国家安全保障の役割を果たすために作成された偽の文書でした。それらは、彼らが意図していたことを正確に実行する特定のマークのために設計され、書かれていました。国家安全保障の強化を望む善意の愛国者を利用していましたが、騙すのが簡単なことで、


(2020-07-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR