FC2ブログ

John Greenewald, Jr. : 宇宙飛行士の目撃した UFO が tic-tac UFO によく似ている。

抜粋(デタラメ)


・ネットで見つかる Condon 報告書では奇妙なことに 70ページ分のページの欠落がある。本来は存在していた筈のページは宇宙飛行士が目撃した UFO の事例を扱っていたことが目次から判明している。

・そこで探しまくったところ、ページ欠落のない Condon 報告書を発見。そこには宇宙飛行士が目撃した UFO の事例が 3件詳しく記述されていた。

その中の一つ事例が tic-tac UFO に色、形状、突起、出現場所の店で共通している。

20200705_condon1.jpg

20200705_condon2.jpg

20200705_condon3.jpg

20200705_condon4.jpg

20200705_condon5.jpg

20200705_condon6.jpg

20200705_condon7.jpg

20200705_condon8.jpg


動画(10:33)


・Astronaut UFO Sightings Mysteriously Removed from Government UFO Study; Here They Are


詳細記事のソース


Astronaut UFO Sightings Mysteriously Removed from Government UFO Study; Here They Are - The Black Vault - https://www.theblackvault.com/documentarchive/astronaut-ufo-sightings-mysteriously-removed-from-government-ufo-study-here-they-are/

冒頭部分の引用



For twenty-two years, from 1947 ? 1969, the United States Air Force ran a trifecta of UFO research programs known as Projects Sign, Grudge and Blue Book. The public is most familiar with the latter of the three, undoubtedly due to the success of a History Channel series by the same name. However, lesser known to non-UFO-aficionados, is why those studies ended. That was due to a near fifteen-hundred page report generated by what was known as the Condon Committee, which convened from 1966-1968 at the University of Colorado, to evaluate whether the further study of UFOs was worth it. Spoiler alert: they concluded UFOs were not worth the time. However, something strange has happened to that report over the years. A chunk of it went missing within the main government agency that disseminates it.

The report has always been unclassified, and is now distributed online by the U.S. government primarily through the Defense Technical Information Center (DTIC), that is, if you know to look there. The Black Vault added what was believed to be the full report in 2018 after a FOIA request yielded the three volume study, however, seventy pages were mysteriously missing from the “complete” copy.

The missing section, arguably, was the most interesting part. According to the Table of Contents for the report, the missing section dealt with UFO sightings by U.S. astronauts.


DeepL



アメリカ空軍は1947年から1969年までの22年間、「プロジェクト・サイン」「グラッジ」「ブルー・ブック」と呼ばれるUFO研究プログラムを実施していた。一般の人が最もよく知っているのは、この3つのうちの後者であり、間違いなく同名のヒストリーチャンネルのシリーズが成功したためである。しかし、非UFO愛好家にはあまり知られていないが、それらの研究が終わった理由は、です。それは、コロラド大学で1966年から1968年にかけて開催された、UFOのさらなる研究に価値があるかどうかを評価するための、コンドン委員会として知られていたものによって作成された、ほぼ1,500ページに及ぶ報告書のためでした。この委員会は1966年から1968年にかけてコロラド大学で開催され、UFOの研究を続ける価値があるかどうかを評価しました。しかし、その報告書には奇妙なことが何年もの間に起こっている。その報告書を広めている主要な政府機関の中でその一部が行方不明になってしまったのだ。

報告書は常に機密扱いされておらず、現在は主に国防技術情報センター(DTIC)を介して米国政府によってオンラインで配布されています。ブラック・ヴォールトは、FOIA要求が3巻の研究をもたらした後、2018年に完全な報告書であると考えられていたものを追加しましたが、70ページが不思議なことに「完全な」コピーから欠落していました。

欠落している部分は、間違いなく、最も興味深い部分だった。報告書の目次によると、行方不明になっている部分は、米国の宇宙飛行士によるUFO目撃情報を扱っていた。

...略...



問題の欠落部分


/raid/vol6/convert/442748/00001.tif - https://documents2.theblackvault.com/documents/ntis/MissingPages-Condon.pdf

(2020-07-05)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR