FC2ブログ

機械翻訳の限界を示す典型例

前置


・最後の文の技巧的表現に注目。 hot air と mouthpieces は文字通りの意味と嘲笑的な意味のふたつを同時に持たせている。こういった文章は機械翻訳ではお手上げ。

・このような文章が人間と同じレベルで理解し、きちんと注釈を添えて翻訳できるようなら AI も本物と言えるのだが、当分は無理だろう。

原文



In its 11 August 1952 issue, an anecdotal piece was run rehashing cases, but poking fun at the saucers and those who sight them. The article upheld tenaciously the beliefs and theories of those who pooh-poohed the existence of flying saucers, after all the while never having seen one. These vocal skeptics were quick to dismiss reports of flying saucers as due to hallucinations, hoaxes, mirages or even “illuminated cobwebs,” as Dr. Donald H. Menzel seemed to think they are. Coral Lorenzen jested that perhaps these cobwebs were “carried aloft by the hot air issuing from the mouths of the Air Force mouthpieces in the Pentagon.”


DeepL



1952年8月11日号では、事件を蒸し返しながらも、円盤とそれを見た人たちをからかった逸話的な記事が掲載されていました。この記事は、空飛ぶ円盤を見たことがないにもかかわらず、空飛ぶ円盤の実在性を否定した人々の信念と理論を粘り強く支持しています。これらの声高き懐疑論者たちは、空飛ぶ円盤の報告を、幻覚、デマ、蜃気楼、あるいは、ドナルド・H・メンゼル博士がそう考えているように、"照らされた蜘蛛の巣 "に起因するものであるとして、すぐに却下しました。コーラル・ローレンゼンは、おそらくこれらの蜘蛛の巣は、「ペンタゴンの空軍の口から出る熱気によって、空中に運ばれた」と冗談を言っています。


出典


Phantoms and Monsters - Real Eyewitness Cryptid Encounter Reports - https://www.phantomsandmonsters.com/2020/07/foundations-of-aerial-phenomena.html

(2020-07-05)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR