FC2ブログ

勝又 壽良 : 道教は不老長寿を祈願するニセの宗教だ。

一部引用



中国に、経済倫理観は存在しない。これは、中国人に来世への信仰という真の宗教が存在しない結果だ。漢民族に、不老長寿を祈願する道教という「ニセ宗教」は存在する。だが、これは信仰と呼べるものでない。こういう社会ゆえに、経済行動を律する経済倫理は育たなかった。哀しい民族である。倫理観なき民族は、発展するはずがない。行動をセルフコントロールする術がないからだ。

ref: 中国、「世紀の詐欺」ナスダック上場企業、担保の純金83トンは銅に「金メッキ!」 : 勝又壽良のワールドビュー - http://hisayoshi-katsumata-worldview.com/archives/23496035.html


コメント


・もしも老荘思想を道教に一切含めないとすれば(その仮定は無理だが)、勝又の主張もわからなくはない。道教から老荘思想をごっそりと消去してしまえば、他愛もない仙人神話と無意味な長寿技法というカスしか残らない。

・勝又は「来世への信仰という真の宗教」というが、それも断定が過ぎる。文脈から勝又はキリスト教を真の宗教に含めていると理解できるが、キリスト教は来世への生まれ変わり(=輪廻)を認めていない。死後は最後の審判までの仮の場所として肉体を持たずに天国や地獄に赴く。最後の審判の後にはこの現世の肉体が蘇りその肉体のまま永遠に天国や地獄で過ごすのであって、来世があるのではない。天国や地獄を来世と強引にみなせば、そういう解釈も可能かも知れぬが。

・勝又の言う「来世への信仰という真の宗教」という主張が破綻するのは、(後の歪曲された仏教ではなく)釈尊本人が説いた宗教で、その最終目的は来世を断つ事にある。つまり「来世の拒否と消滅」となっており、それが解脱。

・ついでながら…。問題は釈尊の方法(=来世の存在を大前提とした上で、その消滅を目指す技法)で本当に来世を断てるのか、という点。

(2020-07-04)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR