FC2ブログ

1946-03-04, Brazil : Joao Prestes Filho が謎の光を浴びて死亡した事件 (1)

前置


・タイトルの事件について比較的詳しい記事のひとつ。機械翻訳で。

・参考
  1638-10-21, UK : 教会に落雷、球電が発生し、4人が死亡した事例 - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16271.html (2020-07-01)

出典


BURNING MAN OF BRAZIL - WORMWOOD CHRONICLES - https://sites.google.com/a/wormwoodchronicles.net/wormwood-chronicles/wormwood-files/burning-man-of-brazil


DeepL



WORMWOOD FILES: "ブラジルの燃える男"

アブナー・マリティ博士

未知の世界との出会いの多くは怖くて不穏なものですが、身体的に危険なものはほとんどありません。そして、死に至るケースはまだ少ないのです。1940年代のブラジルの田舎で、未確認現象に関連した史上最も悲惨な死亡事故として知られる事件が起きました。ジョアン・プレステス・フィリョという貧しい農夫が、謎の源からのエネルギーに吹き飛ばされたのです...UFOなのか、怒りの霊なのか、それとも自然界の極端な現象なのかは不明です。多くの報告では、フィリョの肉は文字通り骨から落ち、彼は本物の「溶ける男」になったと言われています。より信頼できる証言によると、彼の肉は "溶けなかった "が、今日まで誰も識別できない力によって、彼がひどく焼かれたことは明らかである。

今回の「ヨモギファイル」では、ブラジルの「燃える男」に何が起こったのかを知るために、この物語のあらゆる層を掘り下げていきます。これは、ヨモギでこれまで取り上げた中で最も魅力的で陰惨な物語の一つです。

この陰惨な物語は、1946年3月初旬、ブラジルのカーニバルシーズンに起こったものです。ジョアン・プレステス・フィリョは、サンパウロの大都市から数マイル離れた山間部にあるアラカリグアマという人里離れた村に住む農民で家族経営者でした。当時は電気のない村で、約7000人が暮らしていました。多くの市民がカーニバルを楽しんでいたが、ジョアオはその中の一人ではなかった。彼は騒音と酔っぱらいを嫌い、一人で釣りに行くことを好んだ。

夕方、彼は村のすぐ近くの空き家に戻ってきた。妻と子供たちはカーニバルに参加していて、ジョアオは自分で夕食の支度をしていたが、窓の外で何か変なものを見た。彼は窓を開け、次に起こったことは、不幸な男の死につながった。 ジョアオが言うには、「燃える松明」のように燦々と光る物体が窓から部屋の中に入ってきたのだそうです。その「松明」からの稲妻が彼に当たり、ジョアオはすぐに上半身が燃えているような感覚を覚えたという。短かった髭が焼けて、体の皮膚がカサカサになるのを実感したと後に語っています。

ジョアオを爆破した後に「松明」が消えたのかどうかは不明だった。倒れていたため、詳細は不明だ。ジョアオさんは、上半身に毛布を巻き、よろめきながらアラカリグアマ(Aracariguama)まで約2マイル(約2キロ)の道のりを歩いていった。

村に到着した時のフィリョの状態については、まだ議論の余地があります。何年にもわたって、人々が彼のもとにたどり着くまでに、彼は文字通り「溶けている」または「バラバラになっている」と表現され、文字通り体の一部から肉が落ちていました。事件の数年後に行われた彼の親族とのインタビューでは、彼はひどくやけどをしていたというだけで、それとは矛盾していた。しかし、いずれにしても、彼の身体の状態はひどいものでした。

フィリョさんの家族に連絡が入り、彼はトラックで病院のある一番近いサンタナ・ド・パルナイバの町に運ばれた。彼の体は急速に激しい火傷で死んでいったが、ほとんどの時間、彼は意識を保ったままであった。彼の甥のルイスは、その容姿のために病院でジョアオに会うことは許されなかったと数年後に回想したが、もう一人の目撃者であるヴェルジリオ・アルベスは、死の床でジョアオを見たことを回想していた。

アルベスさんによると、ジョアオさんは舌を使うのに苦労していたが、話すことはできたという。ジョアオさんはとても弱っていたが、激しい痛みを感じているようには見えなかった。火傷の影響を受けたのは 上半身だけで 手と顔は最悪の状態だったようだ...手は仕事ができないほどのねじれた爪に焼かれていたし、ジョアオの顔の肉の多くは「焼かれた」状態だった。アルベスによると、ジョアオが溶けたり、バラバラになったりしたという後の報告は不正確だったという。また、ジョアオの頭の上の髪の毛に影響がなかったことも珍しい要因だった。フィリョはアルベスと地元の保安官に「ボイタタタ」との出会いの話をしたが、意識を失い、最後には死んでしまった。

ジョアン・プレステス・フィリョの死因は、「全身性の第一度と第二度の火傷による心不全」と記載されている。後年、尊敬するブラジリア人UFOの権威であるフェルナンド・グロスマン氏は、この火傷は通常の火事の典型的なものではなく、「広島と長崎の犠牲者に見られた核爆発の間接的な影響に似ている」と述べた。つまり、火傷は放射性物質の影響を受けていたのである。

警察がフィリョさんの家を調べたところ、火事や高熱があった形跡はなかった。窓が割れたり、椅子が倒れたりしていたが、火事の痕跡はなかった。熱はフィリョさんの上半身だけに集中しており...まるで意図的な攻撃のようだった。

そうだったのか?ジョアオの命を奪った熱源は何だったのか。燃料を使った事故のような典型的な燃焼方法であれば、実際に火がついた証拠がないため、簡単に割り引くことができます。フェルナンド・グロスマンらは、何らかの放射線が火傷の原因になったのではないかと考えていた。しかし、1946年当時のブラジルの農村部の状況は非常に原始的であったことを心に留めておかなければならない。フィリョの遺体の大規模な科学的検査は行われなかった。彼に何が起こったのかについての多くの憶測は、実際の出来事から数年後のことでした。

何が起こったのかについて、いくつかの説を少し見てみましょう。しかし、ジョアン・プレステス・フィリョの死に関しては、実際にはもっと多くのことを考慮する必要があります。一つには、アラカリグアマ周辺は、フィリョの死の数年前から、奇妙な火のような物体の目撃で悪名高い地域でした。実際、フィリョ自身が焼かれた事件の前に、これらの光に遭遇していたのです。村の周辺、特にモロ・ヴェリョの廃墟となった金鉱は、奇妙な現象や奇妙な生き物の目撃情報に悩まされていました。

その不思議な光は原住民によって「ボイタタス」と呼ばれ、夜遅くまで人々を追いかけてくる悪霊だと信じられていました。これらのボイタタタは非常に速く動くことができ、途方もない熱を発していました。モロ・ヴェリョ鉱山の近くでよく見られ、8の字型のような奇妙な動きをすることもありました。時には2つのボイタタタが衝突しているように見えることもあります。これらの物体は「アソンブラカオス」や「幽霊」とも呼ばれていました。

ジョアン・フィーリョが若い頃、彼はアラカリグアマの近くの丘陵地帯をロバの群れを率いていた時にもボイタタスを見ました。月の形をした火の玉が空高くからやってきて、彼の前を通り過ぎていきました。それは彼がとてつもない熱さを感じることができるほど近くに来た。この地域は火の玉の目撃情報が多いことで知られていた。

ジョアオの死の1年後、弟のエミリアーノもまた、ボイタタスに遭遇した。ジョアオが埋葬されていた墓地のすぐ近くで、2台のボイタタタがぶつかり合うのを見たそうです。これらの光は今日までこの地域で見られ続けています。90年代初頭には、サンロケの周辺で奇妙な遭遇が相次いだ。1993年には、レジーナ・バルボサ・ダ・シルバという少女が地球儀のようなUFOを見ましたが、それは強力なビームで彼女を襲い、激しい頭痛を引き起こしました。

アラカリグアマ/サンロケ地区の深い森でも、奇妙な生き物の目撃情報が報告されています。そこでは、「ロビソメム」と呼ばれる狼男のような生き物の目撃情報が数多くあります。エミリアーノと彼の父を含むフィリョ家のメンバーは、1922年にこれらの獣人の1つを見て、彼らは岩で追い払うことができました。ロビソメムは、この場所にもう一つの奇妙な層を加えています。サンロケ地区は、不吉なチュパカブラや "ヤギ吸盤 "の報告でも悪名高い。

さて、バーニングマンの謎を解き明かしてみましょう。1946年にジョアン・プレステス・フィリョを襲って殺したのは何だったのでしょうか?

1. 超自然的な存在。フィリョ一家とアラカリグアマの原住民は、ジョアオを殺したのはボイタタタかアソンバルカオだと信じていました。事件当時、ブラジルでは誰もUFOや「空飛ぶ円盤」が何であるかを知らなかった。ジョアオの死から1年後、ケネス・アーノルドの有名な円盤が目撃され、UFOの近代化が始まった。

ボイタタとアサンバルカオには違いがある。ボイタタタは「燃えるような蛇」と考えられていました...自分たちの意図を持った実際の悪魔的な存在です。アサンバルカオは実際の人間の亡霊であると考えられていました...この場合、旧モロ・ヴェリョ鉱山で早死にした鉱山労働者の亡霊です。

フィリョが病院に運ばれたとき、彼は他の重大事故の犠牲者のように診察され、医師は彼の症状と死因を記録しました。医師たちは彼の火傷に困惑していたが、超自然的な説明は考えなかった。そして、これは完全に理にかなっている。悪魔や幽霊が火傷の原因であることを認めることで、彼らは基本的に攻撃が解決できないと言っていることになるからだ。

ボイタタタやその他の奇怪な現象を目撃し続けている地元住民は、ジョアオの死を謎だとは思っていない。理由は不明だが、彼がボイタタタに襲われたことには同意している。フィリョ一家が超常現象に遭遇したことを考えると、彼らは呪われていると言ってもいいかもしれません。

2. 事故 もう一方では、ジョアオが自分で起こした事故の被害者だという説もあります。ブラジリアのUFO専門家ウォルター・ビューラー博士は、ジョアオがロウソクで焼かれたのではないかと常に考えていました。しかし、その可能性は極めて低い。前述したように、家自体が焼かれたわけではない。そして、その火傷は通常の燃焼とは一致していなかった。博士は地球外生命体が非暴力的で 危害を加えることができないと 強く信じていたことも注目に値します これが彼の決断に 影響を与えたかもしれません

ジョアンの火傷は他の事故によるものでしょうか?電気による火傷の可能性はあったかもしれませんが、1946年には家の中にもアラカリグアマ村全体にも電気はありませんでした。かつてモロ・ヴェリョ鉱山で使用されていた装置は、そのような衝撃を与えることができたかもしれないが、ジョアオは攻撃の夜、鉱山の近くではなく釣りに行っていた。最期の時間に何が起きたかを嘘をつく可能性は低い。

ジョアオを診察した医師は、火傷が化学的なものであるとは考えていなかったので、有毒物質にさらされた可能性は否定できない。後になってからの調査では、火傷は放射性物質によるものだと確信した。確かに村には、やけどの原因となるような自然発生的な放射能はなかった。

3. 地球外生命体。多くの現代の当局者は、ジョアン・プレステス・フィーリョが何らかの異星人の宇宙船に襲われた可能性があると考えている。UFOの歴史には、人間の拉致被害者と目撃者がエイリアンの技術によって「焼かれた」か、そうでなければ苦しめられた多くのケースがありますが、フィルホのケースは、確かに記録上で最も極端なものです。

アラカリグアマの原住民は、そこにある奇妙な光をボイタタタやアサンブラカオとして知っていた......それが地球外生命体であると考えることはないだろう。光」の記述のいくつかは、それだけであった...浮いている光。しかし、他の記述は、より固体の幽霊を記述していました。1955年には、金属製のソンブレロをひっくり返したような飛行物体の報告がありました。これは、他の人が見たオーブとは全く異なるように聞こえる。ジョアオは自分を襲ってきた物体を「燃えるような松明」と表現し、それが「この世のものではない」とすぐに分かったと言っています。

モロ・ヴェリョ鉱山は、確かに異星人の工作物の秘密基地として理想的だろう。その地域で発見された奇妙なロビソメムは、地球外生命体そのものである可能性さえある。しかし、なぜ彼らはフィリョのような貧しい農民を攻撃して殺すのか、という疑問が残る。

意図的な攻撃ではなかったのかもしれない。スペインのUFO権威アントニオ・リベラは、ジョアオはフィルホの家のそばを飛んでいたUFOの推進装置によって火傷を負ったのではないかと考えていた。もしUFOが悪意のあるものであれば、アラカリグアマ地域で何年も見られていた間に、誰かが焼かれたり、攻撃されたりしていたはずだ。単純で迷信深いジョアオが、UFOが脅威と思えるようなことをしたとは考えにくい。これは、UFOが有人の物体であったと仮定しています。何らかの種類の地球外生命体「ドローン」だった可能性もある。

専門家は、1940年代のブラジルの田舎で放射性の火傷をした唯一の可能性のあるソースは、地球外のものであっただろうと考えている。しかし、考慮すべき最終的な選択肢が1つある...。

4. 4.ボールの稲妻 ジョアン・プレステス・フィーリョは、この最も神秘的な大気現象に見舞われた数少ない人類の一人であったかもしれない。 最近まで、球雷は科学者によって「本物の」現象として受け入れられていませんでしたが、今ではこの奇妙な効果の存在はもはや挑戦されていません。

ボールライトニングは、不規則な方法で移動し、振る舞う強烈な電気エネルギーの球体です。その創造の源は不明のままです。それは、高地でも地上でも出現することができます。何度も球体は消えたり、無害に爆発したりしますが、まれに壊滅的な効果で爆発することもあります。

球雷の謎については、本全体が書かれているかもしれません。南アメリカでは、ボール雷の報告の高い発生率を持っているように見えます。チリとアルゼンチンのインカの神話的なマプチェの霊が超自然的な方法で解釈されたボール雷であると信じているいくつかの人類学者があります。

玉雷や他の「スプークライト」は、地震などの異常な地球活動がある地域でよく見られます。旧モロ・ヴェリョ鉱山もそのような地域かもしれません。鉱山自体が自然現象を起こして、ボールライトニングが発生したのかもしれません。

UFOやボイタタタと違って、玉雷には何の根拠も理由もなく、神秘的であるが、自然現象である。それは神秘的であるが、自然現象である。ジョアン・フィーリョを襲ったのは、単に不幸な偶然だった。強力な玉雷が人間に当たった結果も不明だが、「人間の自然発火」という未解決の報告の原因になるのではないかという説もある。ジョアオの場合、彼は落雷で即死したのではなく、悲惨な火傷と負傷を負った。

誰もジョアン・プレステス・フィリョに起こったことのすべてをカバーする説明はありません。彼らは、ボイタタタや他の奇妙なオブジェクトが記述されている方法は、常に私たちが知っているボール雷と一致しません。そして、確かにボール雷によって説明することができないロビソメムとチュパカブラのようなアラカリグアマ地域の他の現象があります。

一つの事実は議論の余地のないものです:何か恐ろしいことが1946年の夜に起こった、何かが男が恐ろしく、誰もまだ説明することができなかった方法で死ぬ原因となった。ジョアン・プレステス・フィリョに何が起こったとしても、他の誰にも起こらないことを祈るしかありません。

こちらはアブナー・マリティ博士です!




(2020-07-01)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR